川口春奈・横浜流星『着飾る恋』三角関係を好演も…視聴率が伸びない“”最悪の相性”

拡大画像を見る

 川口春奈(26)主演のドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系)の第9話が6月15日に放送され、平均世帯視聴率が7.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)だったことが分かった。

 同ドラマは、キレイに着飾ることで自分の居場所を得ていたヒロイン・真柴くるみ(川口春奈)が、価値観の違う人々と同じ家で暮らしながら、恋をしたり友情を深める中、自分らしく生きる姿を描くラブストーリー。ルームシェアメンバーでミニマリスト男の藤野駿を、横浜流星(24)が演じる。

 第9話では、真柴と駿は2人でレストランデートをするはずだったが、駿が仕事で間に合わず、真柴は元上司の葉山祥吾(向井理/39)とレストランへ行くことに。駿は真柴を追いかけたものの、真柴と祥吾の2人を見て、なぜか追いかけられず途方に暮れていた。

 そんな中、真柴は、SNSに投稿したバッグのデザイナーに盗作疑惑が発生。「盗作に加担した」などと心ないコメントで寄せられ、インフルエンサーとしての活動が脅かされる。一方、駿は、北海道で店を任せたいというスポンサーがあらわれて……という展開。

 駿から北海道の新店プランを報告されると、盗作疑惑の影響で職場の居場所を失いそうになっていた真柴は、仕事をやめて駿と一緒に北海道で暮らしたいと明かす。しかし、駿は「ちゃんと現実と向かい合ったほうがいいと思う」と、真柴の願いを否定する。

■最終回目前で視聴率ダウン

 優しい言葉を期待していた真柴が、「なんでそんなこと言うの?」と問いかけると、駿は「このまま一緒にいてもダメになる」と、言葉を噛みしめるように返事。真柴は複雑な感情が渦巻いているような表情を浮かべ、涙を拭うと、「考えたい」と言って立ち去った。
 
 悩ましい感情のすれ違いを表現する、川口と横浜の見事な演技は胸に迫ったが、第8話が平均世帯視聴率8.5%と3週ぶりに8%台回復したものの、今回は7%台に再ダウンしてしまった。お世辞にもヒット作とは言えない数字に留まっているのは、どうしてなのか?
 
 それは、早い段階(第4話)からつきあっていたのに、そこから先に進まないグズグズな恋愛展開のせいなのかもしれない。特に今回は、駿が「くるみには自分の夢をかなえてほしい」という一方的な思いにより、“ムズキュン”以前の“ムズムズ”で停滞状態。恋愛と正論のなんと相性の悪いことか!

 第9話のラストでは、2人の恋の当て馬のはずだった祥吾が登場。真柴が仕事の悩みを告白し、「もう、逃げたいって思っちゃうんです。限界かもしれないです」と泣き崩れると、祥吾は背中で通行人の視線から守り、優しく抱き支える。

■横浜流星と別れる結末も?

 最終回を控え、真柴が共に生きる相手として選ぶのは本当に駿なのか? 向井の大人の優しさと包容力が強烈すぎて、当て馬が本命を抜き去ってしまわないか心配になってしまう。

 番組公式サイトで公開されている最終回の予告動画は、“それぞれの旅立ち”と題され、ルームシェアのメンバーたちの笑顔が見られるだけ。駿と真柴がどんな答えを出すのか、気になるところだ。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 6/22 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます