○○したらよかった!「今思うともったいないことしたな」と思う恋愛

若い頃は頭でいろいろ考えすぎてしまい、自ら恋愛のチャンスを遠ざけていた女性も多いはず。でも歳を重ねて出会いも減ると、「あのときああしておけばよかった!」と思いがち。そこで今回は「『今思うともったいないことしたな』と思う恋愛」をご紹介します。

イケメンを疑ってばかりいた

「『イケメン=チャラい』と思い込み、徹底的に目の敵にしていたこと。話しかけられても『どうせみんなにそうしているんでしょ!』とそっけない態度をとり、男性を困惑させていました。付き合えたかは別にして、もう少し素直になるべきだったな」(20代/販売)

▽ たしかにイケメンってモテますよね。でも彼らも先入観を持たれて悩んでいるのかもしれません。そう考えるとあまのじゃくな態度は、彼らを一番傷付けているのかも。基本ではありますがルックスにとらわれず、内面を見ることが大切ですね。

傷心中に告白してきた男性を振った

「元カレに振られて落ち込んでいたとき、とある男性から告白されました。でも『こんな気持ちで付き合うのは申し訳ない』と振ってしまった。その後、出会いは一切ありません……。結構カッコいい人だったし、付き合ってもよかったかも」(30代/営業事務)

▽ いくらイイ人と出会ってもタイミングが悪いと、交際までは至らないもの。ちょっぴり後悔しますが、こればかりは誰が悪いわけでもありません。「そのときのベストな選択だった」と思うしかないのかも。

誘われた合コンを断った

「20代中頃まではよく合コンに誘われたのですが、いろんな理由で断ってきました。でも周りもだんだん結婚して、もはや誰も合コンに誘ってくれなくなった。しかもコロナ禍となり、出掛けるのすら厳しい状況。あのとき合コン行っとけばよかった!」(30代/広告)

▽ 「今はひとりがラク」「もっと運命的な出会いがしたい」など、さまざまな理由から合コンを敬遠していた人もいるでしょう。でも周囲の結婚ラッシュはもちろん、世の中がこんな状況になると、合コンのありがたみを実感します。もっと楽しむべきだったと思いますよね。

優しい彼氏を手放した

「大学時代に付き合っていた彼は、いわゆる優男だった。順調な交際だったんだけど、刺激が足りなくなっちゃって。『好きかどうかわからなくなった』と私のほうから手放してしまいました。でもこの歳になると、彼がいかに貴重だったかがわかる。そのあといろんな男性と付き合ったけれど、いまだに彼が忘れられません」(30代/接客)

▽ 「結婚するにはいいんだけど、何か物足りないんだよね」と彼氏を振る人っていますよね。でも案外結婚ラッシュってすぐにやってくるもの。数年後に「やっぱり彼が好き!」と思ってももう手遅れなんですよね……。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 22:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます