ベルギー、フィンランド下して首位通過! デ・ブライネやアザールが先発復帰

拡大画像を見る

 EURO2020のグループB最終節が21日に行われ、フィンランド代表とベルギー代表が対戦した。

 ここまでフィンランドは1勝1敗で勝ち点「3」、ベルギーは2連勝で勝ち点「6」を獲得。決勝トーナメント進出が決定しているベルギーは、FWエデン・アザールとMFケヴィン・デ・ブライネが先発復帰を果たし、FWロメル・ルカクといった主力も先発起用した。

 ベルギーは15分、デ・ブライネのスルーパスに反応したルカクがDFの裏に抜ける。ルカクはエリア左からシュートを放つが、オフサイドの判定が取られる。23分、デ・ブライネがドリブルでエリア内まで突破して、左サイドからクロスを入れるが誰も合わせられない。

 フィンランドの守備に苦戦するベルギーは24分、アクセル・ヴィツェルがミドルシュートを放つが、GKルーカス・フラデツキーの正面に飛ぶ。32分にヴィツェルは再びエリア外からシュートを放つが今度は枠をとらえられない。

 38分、デ・ブライネが浮き球のロングパスを前線のルカクに送る。ゴール前のルカクは頭で合わせるが、GKが正面でキャッチ。42分、デ・ブライネが左サイドのジェレミー・ドクにスルーパスを出すと、ドクはエリア左から右足を振り抜く。このシュートをGKフラデツキーが弾き、得点とはならない。

 45分、ルカクのパスに反応したアザールがエリア右で倒されるがPKは取られない。両チームともに得点を奪えず、0-0のスコアレスで前半を終える。

 後半に入ると51分、アザールの横パスを受け取ったジェイソン・デナイヤーがエリア外からシュートを放つが枠の外に飛ぶ。58分、右コーナーキックの流れからアザールがエリア内からシュートを放つが、GKが正面でキャッチ。

 63分、ヴィツェルが右サイドからアザールに折り返すと、アザールが左足でシュートを放つ。しかし、GKのセーブによりベルギーは先制点とはならない。

 65分、レアンドロ・トロサールからデ・ブライネにボールが渡ると、デ・ブライネはルカクにスルーパス。ルカクは相手DFの裏に抜けてパスを受け取り、GKとの1対1を制す。ベルギーが先制に成功したかと思われたが、オフサイドによりゴールは取り消される。

 74分、ベルギーは左コーナーキックを獲得してデ・ブライネがクロスを供給する。このボールに対してトーマス・フェルマーレンがヘディングで合わせると、最後はGKフラデツキーがオウンゴールを献上。ベルギーが先制した。

 フィンランドは78分、プッキがロビン・ロドに横パスを出す。ロドはミドルシュートを放つが枠の外に飛ぶ。

 すると81分、デ・ブライネがゴール正面のルカクにパスを繋ぐと、ルカクは背後のDFダニエル・オシャウグネシーをかわしてシュート。このシュートはゴールネットを揺らして、ベルギーが追加点を獲得し、2点差とした。

 このまま試合は終了してベルギーがフィンランドに2-0で勝利。3連勝のベルギーは首位通過を決めた。同時刻に行われたロシアとデンマークの試合は、デンマークがロシアに4-2で勝利。この結果を受けて、フィンランドはグループ3位で他のグループの結果待ちとなる。

【スコア】
フィンランド代表 0-2 ベルギー代表

【得点者】
74分 0-1 オウンゴール(ベルギー代表)
81分 0-2 ロメル・ルカク(ベルギー代表)

関連リンク

  • 6/22 5:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます