【全員プレゼントあり】 あまりの美味しさに三吉彩花が震えた上海ガニとは?

モデルと女優、ふたつの顔をあわせ持つ三吉彩花さん。年齢を重ねるごとに増すその美貌は、アジア各国でも話題になっている。

そんな彼女の大好物は“カニ”だという。

そこで、今回は中国から初上陸した『蟹王府』という一年中“上海ガニ”を楽しめることで話題の店にお連れし、存分にその美味しさを堪能してもらった!



前編・後編に渡ってお送りする、三吉彩花さんのインタビュー後編!撮影当日の裏話も公開します。

▶前編はこちら:24歳にして気品漂う三吉彩花の“夢”とは?その決意の強さに圧倒された【動画あり】

※コロナ禍の状況につき、来店の際には店舗へお問い合わせください。

上海ガニ尽くしという、究極の贅を味わえる名店


類稀なる美女が美味しさで震える。三吉彩花さんが「南蘇名物夫婦蟹味噌ソースがけご飯」を口にした時、そんな光景が実際に起こった。

彼女を喜ばせた『蟹王府』は、昨年12月に日本初上陸を果たした上海ガニ専門店だ。

紹興酒やたまり醤油で漬けた雌の「紹興酒漬け」。甲羅をとると中にとろりと濃厚な卵が。1970年代の長江のカニからDNAを採取して養殖されたカニは、出自が確かゆえインパクトのある味わい


本国・中国では上海ガニ専門店として政府に初めて認定された老舗であり、上海ガニ商社が運営するゆえ自社養殖場ももっている。

日本橋店ではそこから厳正な審査を通ったカニを週に2回仕入れ、一年を通して上海ガニを提供。

時期ごとに新作の上海ガニ料理を味わえるのも醍醐味で、例えば初夏にいただけるのは「蟹肉の甲羅詰め キャビアのせ」。

白子と内子、胸肉を混ぜ、卵白とグリュエールチーズでグラタンのように焼いた一品は、それだけでも贅沢なのにキャビアと合わさることで旨味が格段にアップ。


「蟹肉の甲羅詰め キャビアのせ」。三吉さんは植物がのった器のお洒落さにも感心していた。


名物の「南蘇名物夫婦蟹味噌ソースがけご飯」。熱々のごはんに白子、内子、卵をかけてよく混ぜ、好みでバルサミコ酢を垂らしていただく。すべて27,500円のコースより。

上海ガニを堪能した三吉さん。気になるお味の感想は…


実は三吉さんは大のカニ好き!上海ガニは本場・上海でも食べたことがあり「まさか初夏に日本で食べられると思わなかったです!」とご満悦。

高い天井にモダンなシャンデリア、巨大ワインセラーのあるラグジュアリーな内装


三吉さんはひと口食べて「いけない、美味しくて笑っちゃう。濃厚かつクリーミーさもあって、お酒も進みそう」と、顔をほころばせた。

同店のお皿や内装にも興味津々で、料理も絶賛。つまり、類稀なる美女も絶賛する『蟹王府』は、特別なデートにも間違いない店ということなのだ。

『蟹王府』から東カレ読者全員にプレゼント!

「東京カレンダーを見ました」と店舗スタッフに伝えていただければ『蟹王府』オリジナルのアペリティフをプレゼント!(ノンアルコールも可)

サービス期間:7月31日まで
条件:『蟹王府』にてコースをご注文の方。予約時もしくは来店時にお伝えください。
公式Instagram:@xiewangfu_tokyo

【東カレ編集部が語る!ここだけの三吉彩花】


「こんにちは~」。その声に振り返ると、三吉さんは当たり前のように目の前にいた。ランチ営業中、一般客で賑わっているにも関わらず、マネージャーも連れずに、たったひとりで。

「女優さんの撮影なので、裏動線はこちらで……」とお店に確認していた取材陣は、そのフランクな登場にあっけにとられてしまった。

撮影スタッフやお店の方ともすぐにコミュニケーションを取り、現場の雰囲気を明るくし、気づけば三吉さんワールドに…。

「今日の撮影は蟹なんですよね?私、大好物なのでお昼抜いてきました(笑)」。「東京カレンダーといったらシャンパンですよね!でも私、顔がすぐ赤くなっちゃうから今日は口をつけるだけ(泣)」といった具合だ。

ところが、撮影になると一変。ただならぬオーラをまとい、そこにいるのは紛うことなき、一流の芸能人。

クールにポーズを決めていく様は、格好良いの一言だった。

次はぜひ、飾らないそのままの三吉さんの魅力を表現したいと思わされた。

▶前編はこちら:24歳にして気品漂う三吉彩花の“夢”とは?その決意の強さに圧倒された【動画あり】

■プロフィール
三吉彩花 1996年生まれ、埼玉県出身。8歳でモデルデビュー。2010年から『Seventeen』専属モデルとして活躍し、2012年に女優業を本格始動。2019年の主演映画『ダンスウィズミー』では華麗なダンスを披露した。

■衣装
ワンピース 180,400円〈ローベリイテ アンド シーオー/ドレスアンレーヴ TEL:03-5468-2118〉、ピアス 27,500円〈ドナテラ・ペリーニ/日本橋三越本店 本館3階ミグジュアリー TEL:03-3274-8248〉、パンプス 154,000円〈クリスチャン ルブタン/クリスチャン ルブタン ジャパン TEL:03-6804-2855〉



東京カレンダー最新号では、三吉彩花さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
女優業に関する悩みや想いについて、素直すぎるほど語ってくれています!

アプリのダウンロードはこちらから。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/22 5:02
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます