もはや確信犯でしょ?!おもしろすぎる「お母さんからの誤字LINE」4選

「お母さんからの誤字LINE」で笑ったことはありませんか?
急いで打ったのか、もはや確信犯なのか、不思議なLINEを送ってきますよね。

そこで今回は、おもしろすぎる「お母さんからの誤字LINE」を紹介していきます。


(1)「今出かけていまず」


まずは、小さな誤字だけどクスっと笑えるLINEから。
「す」を「ず」にするには、わざわざ濁点を打ったとしか思えませんが、気づいていないことがほとんどです。

このように、濁点や小文字の打ち間違いは日常茶飯事にあるというお母さんも……。
どうして間違えたのか想像すると、じんわりとおもしろさがくるLINEです。

(2)「〇〇で狩ってくる」


一番多い誤字LINEは、変換間違い。
「買ってくる」と伝えたかったのに、「狩ってくる」と変換されてしまい、勇ましいLINEになっています。

予測変換に「買って」よりも「狩って」のほうが先に出てきたのも疑問ですよね。
一度は、お母さんの誤変換で笑ったことがあるはず。


(3)「おじいちゃんはもう食べました」


「おじいちゃんは、もうご飯食べました」と伝えたかったようですが、「ご飯」を省略。
会話では違和感のない文章でも、文字として伝えられると少し怖く感じますよね。

「食べてはダメ」と、思わず返信したくなるようなLINE。
省略することで、全く意味が違う文章になっていることも多々あります。


(4)「コンビニヨッテキテ」


「コンビニ」だけをカタカナにしたかったのに、全てカタカナになってしまったパターン。
カタコトの日本語のようになっていて、読みにくさもあり、思わず笑ってしまうLINEです。

どうしたら全てカタカナになるの?と疑問に思ってしまいますが、意外と多い間違いLINE。
戻して打ちかえるのが面倒だったのでしょうが、もはや確信犯としか思えませんね。


「お母さんからの誤字LINE」は、経験している人も多いと思います。
おもしろすぎる間違え方は、さすがお母さん!

ツッコミ必須のおもしろ誤字LINE、次はいつ送ってくるのか楽しみですね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 20:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます