再入院の大島康徳さん、在宅医療の方向で準備進む 「奥様、頑張り過ぎないように」の声

拡大画像を見る

大島康徳さんの大腸がんが見つかったのは2016年10月、ステージ4で肝臓にも転移していた。翌11月に腫瘍部位を切除し、肝臓に転移したがんについては抗がん剤で治療にあたることとなった。以降は体調と相談しながらテレビ、ラジオ番組での解説や、野球専門誌のコラム執筆など家族の協力を得ながら活動を続けてきたが、今年6月にたまった腹水を抜く治療を受けるために入院。一旦は退院したものの、短い距離を歩くのもやっとなほど体力の低下が著しいことから、6月17日の公式ブログで再入院したことを報告した。

18日のブログで、大島さんは「実は5月から痛み止めの薬を服用していた」と告白している。奥様によると、腹水がたまったことによるお腹周りや背中、腰の耐え難い不快感が続いていたことから、貼るタイプの痛み止めを使用しているという。ただ今回の再入院は大島さんの不安も大きく、奥様はできる限りそばにいてあげたかったようだがコロナ禍で付き添うことはできない。「これから時々、このような形をとらせて頂くことがあるかと」と大島さんに代わりブログを更新することを伝えた奥様は、「会いたいです」という言葉を3回繰り返していた。

20日のブログには「在宅医療の準備を進めます」と題して、今週から具体的な準備に取りかかると奥様が報告している。在宅での緩和ケアを受けるため、現在入院中の病院の緩和ケアの看護師と連携しながら、順調に進んでいるそうだ。前日には息子たちが病院に行ったが、対面はガラス越しで携帯電話を通じての会話だったという。大島さんは「ごはんを食べて、体力回復して、家に帰るぞ!」と明かしており、息子たち励まされて相当嬉しかったようだ。

コメント欄には「在宅医療というすごく大変な決断をされた奥様やご家族に敬意を表します。どうか、お身体に気をつけてくださいね」「愛する家族と過ごせる事が一番の幸せですよね」「大島さんはきっとおうちで過ごされる方がお元気だと思います。一日も早く準備が整って、退院出来ることを願っております」「在宅での療養はご苦労もあると思いますが、ご本人や家族にとって安心できる良い環境だと思います。奥様、頑張り過ぎないように、周りの方々に頼って下さい」と大島さんとその家族への応援メッセージが多数寄せられている。

画像は『大島康徳 2021年6月20日付オフィシャルブログ「息子が会いにきてくれました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

関連リンク

  • 6/21 18:25
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます