ソニーの5Gスマホ「Xperia 1 III」 世界初・可変式望遠レンズ搭載カメラ搭載

拡大画像を見る

ソニーは、第5世代移動通信システム「5G」対応のフラッグシップ・スマートフォン「Xperia 1 III(エクスペリア・ワン・マークスリー)」を2021年7月以降に発売する。

ゲームプレイ向け機能も充実

背面カメラには超広角・広角の各レンズに加え、高いオートフォーカス(AF)性能を備えた可変式望遠レンズを世界初搭載したという。1つのレンズで70ミリ/105ミリの2つの焦点距離に対応し、より被写体にクローズアップした撮影が可能だ。

全レンズに約1220万画素イメージセンサーを採用するほか、被写体までの距離を瞬時に測定する3D iToF(Indirect Time of Flight)センサーを備える。独自の画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」のノイズ低減処理などとの組み合わせで、夜景などの暗いシーンでも明るくノイズを抑えた撮影ができる。

各レンズに「デュアルフォトダイオードセンサー」を実装し、望遠でも高速かつ高精度、高追従のコンティニュアスAFを実現した。任意の被写体をディスプレー上でタッチするだけで、高い精度で追従し続ける「リアルタイムトラッキング」を新たに装備する。

リフレッシュレート120Hz駆動で縦横比21:9、4K解像度(3840×1644ドット)/HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)対応の約6.5型・有機ELディスプレーを搭載。

充電しながらのゲームプレイでも端末の高温化によるパフォーマンスの低下やバッテリー劣化を抑える「HSパワーコントロール」、暗いシーンでも明るく表示する「L-γ(ローガンマ)レイザー」などの機能を備えた「ゲームエンハンサー」を実装する。

音響面では、従来モデルから音質を維持しつつ音圧を約40%向上した「フルステージステレオスピーカー」を搭載。独自のハードウェアデコード処理に加えスピーカーのバーチャライザーの新規開発により、ヘッドホンのみならず本体のスピーカーでも立体音響「360 Reality Audio」を楽しめるという。

OSは「Android 11」をプレインストール。メモリーは12GB、内蔵ストレージは256GB。microSDXC(最大1TB)対応。前面カメラは800万画素。IPX5/8防水、IP6X防塵性能を備える。バッテリー容量は4500mAh。

カラーはフロストブラック、フロストパープル、フロストグレー(NTTドコモモデルのみ)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 6/21 17:08
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます