“リズ”役メーガン・ブーン、「ブラックリスト」S8はネタバレ厳禁「驚愕の展開になる」

拡大画像を見る

2013年秋、全米ネットワークNBCにて放送スタートし、高視聴率を獲得し続けているアクション・サスペンス超大作「ブラックリスト」。その日本上陸最新シーズンとなるシーズン8では、“レッド”・レディントンの真の正体を探るべく、エリザベスは母カタリーナと共に祖父・ドムらを巻き込み、レディントンを追い詰めていく。

この度、今シーズンで究極の状態に陥るエリザベスを演じるメーガン・ブーンのインタビューがシネマカフェに到着した。


ジェームズ・スペイダーが演じる、犯罪コンシェルジュと呼ばれる最重要指名手配犯レイモンド・“レッド”・レディントン。彼はFBI捜査官エリザベス・“リズ”・キーンを指名し、自分の持つ“ブラックリスト”からFBIも存在を知らない犯罪者“ブラックリスター”の情報提供を申し出る。シーズン8では、ついに“ブラックリスター”のNo.1が明らかになり、序盤から波乱と驚愕の展開が待ち受ける。

自身でも、これだけ長く続くシリーズになるとは予測していなかったというメーガン。「パイロット版の脚本が素晴らしいということはわかっていましたが、契約時にはジェームズ・スペイダーがレイモンド・“レッド”・レディントンを演じることも知りませんでしたし、作品の流れを変えた他の多くの重要な要素もまだ謎のままでした。当時の私はリズを演じることがどのような意味をもつことになるのか予測できませんでした」とふり返る。


「その年に読んだパイロット版の脚本の中では最高の出来だったので、勢いがついて、熱狂的なファンが増えるかもしれないと思いました」と、自身でもある程度の“予感”があったことを明かす。

シーズン7の展開により、視聴者は再びレディントンの正体に関して様々な憶測を繰り広げているが、エリザベスは「まだ真実を知りませんが、ロシアのスパイであるN13に関する説を解明しようとしていて、それが今シーズンの波乱を生むことになるんです」と明かす。


これまでのシーズンでも大変な状況が何度もあったエリザベス。演じるメーガンは現在の状況にも照らしながら、「この1年で学んだことは、人間は多くの苦しみに耐え忍ぶことができるということです。私たちは乗り越えないといけないことを乗り越えられる力があると思います」と話す。

「リズが特に逆境に強いというわけではなく、選択肢がなかったり、良い選択肢が見つからないから、他の人よりも多くのことに耐えなければいけないだけなんだと思います。私は彼女の強さを軽視しているわけではなく、彼女だけが特別だというわけではないと言いたいんです。私たちのほとんどがそのような強さを持っているんです」と言葉に思いを込める。

そんなエリザベスの性格や価値観と、自分が似ている部分や共感できるところがあるかを尋ねてみると、「そのような質問をされた時、私はいつも『彼女は私と同じ目をしている』と言っています。それはこの質問を避けるためのずるい言い方だとわかっているんですけどね。でも、この8年間、一日の大半を費やして演じてきたキャラクターと自分を比較するのは、とても難しいんです」と吐露。


8年間という長い間エリザベスを演じてきたメーガンだが、「とても多くのことが変わりました。この役を得たとき、仕事を始めてまだ数年しか経っていなかったので、映画やテレビの仕事に全然慣れていませんでした。でも8年間撮影現場で過ごす中で、現場で心地よくいることができるかどうかで、自分の演技や今作に対するアプローチに大きな違いが出てきたんです。変わっていない事を特定するほうが難しいですね」と言う。

また、2017年に日本で衣装や小道具を展示した展覧会が開催された際には、ファンから大好評となった。「シリーズが進むにつれ、私はエリザベスの衣装について少しずつ意見を言うようになりました。シリーズの後半では、彼女はローブーツ、ジーンズ、Tシャツなどの黒の衣装を着ることが多くなりましたが、これは私と衣装担当のクリスティン・ビーンの判断なんです」と言い、「私たちは決断が早く、常に同じことを考えています。私たちは詳細を伝えなくてもお互いの言いたい事が分かるんです」と話す。


最後にメーガンは、「日本の皆さん、この作品をご覧いただきありがとうございます」とメッセージを送りつつ、シーズン8の見どころについて「これまでのどのシーズンよりも変化が起こるんです。本当に驚愕の展開になります」と言うものの、「でもネタバレにならない程度に言えることは、あまりないんです」と言葉を濁しており、ますます展開が気になりそうだ。


「ブラックリスト シーズン8」は【二カ国語版】毎週火曜22時~【字幕版】毎週火曜24時~ほかスーパー!ドラマTV #海外ドラマ☆エンタメにて放送。

(text:cinemacafe.net)

関連リンク

  • 6/21 13:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます