あゆみくりかまき[ラストライブレポート]どこまでもひたむきに想いを届け合って描いた光り輝くフィナーレ「一緒に夢を追いかけ続けてくれて、本当に幸せでした」

あゆみくりかまきが、6月19日(土)に東京・EX THEATER ROPPONGIにてラストライブ<ボクらの熊魂 THE LAST LIVE 〜これが あゆみくりかまき だ〜>を開催した。イベントタイトルのとおり、3人は同公演をもって、くりかまき時代を含めた約9年間のアイドル活動に幕を下ろして解散。本記事では、“HAPPY ROCK”を届けるために、これまで全力で駆け抜けて来たあゆくまの集大成となった同公演の模様をお届けしたい。

撮影:mao

あゆくまらしいライブだった。

あゆみが想いを込めて歌い上げ、くりかがDJをしながら躍動し、まきがオーディエンスをグイグイ鼓舞していく。

熱量が高く、笑顔が溢れ、強い一体感のある空間が、EX THEATER ROPPONGIに生み出されていた。

もちろんラストライブだからこそ、いつも以上に感情が昂り涙を見せる場面もあったし、気負っていたところもあった。

でも、このラストライブに限らず、3人はどんなライブでも、どんなイベントでも、どんなフェスでも、どこまでもひたむきに“最幸”のステージを作り上げていた。時と場所を選ばす、ステージにすべてをかけるその変わらない姿勢こそが、あゆみくりかまきの矜持。そして、ファンを熱狂させ、多幸感を与えていたのだ。彼女たちの最後のステージを観ていて、改めてこれまで彼女たちが魅せてくれていたものの強さやかけがえのなさを知ることができた。


あゆみくりかまきの開演直前のBGMとしてお馴染みのTHE HIGH-LOWSの「日曜日への使者」が流れると、自然と拍手が起きる。観客の期待が高まったところで、「LAST LIVE SE」が響き渡り、ステージが激しい光で溢れた。“あゆみくりかまき”と記されたフラッグを持って、くりかが登場。ステージ中央のお立ち台の上で、そのフラッグを勇ましく振る。まきとあゆみも姿を現し、“あゆくま、やったんでー!”という叫びから、ラストライブの幕を開けた。

彼女たちがラストライブのオープニングナンバーにセレクトしたのは、ラストシングル収録の「HAPPY ROCK」。まきが“さあ、またぎ(あゆみくりかまきのファンの総称)、あゆくまとハッピーロックするぞ!”と煽り、オーディエンスのテンションを高める。3人も猛烈なスタートダッシュを決めるようにアクセル全開で躍動。アッパーなロックチューン「ジェットクマスター」、疾走感のある「HAVE A NICE DAY,世界」、ポップな「Amagami Days」と続けて、ライブ序盤から観客の心をグッと掴んだ。

最初のMCでは、自己紹介とともに、満員の会場に向けて感謝の言葉とラストライブへの意気込みを口にする。

あゆみ:
まだ正直実感がわかないんですけど、アンコールぐらいにわいてくるかと思います。何も考えず、それぞれ楽しんでいってもらえたらと思います。

くりか:
今日は、みなさん来てくれて本当にありがとうございます。あゆくまが出て来た瞬間から涙を拭っている方が見えたんですけど、今日は、あゆくまとここにいるみんなと生中継のみんなと、心から楽しくてハッピーな時間を過ごしたいと思いますので、メチャクチャ楽しみましょう。よろしくお願いします。

まき:
本当にウマく頭でまとまっていなくて、正直すごく寂しい気持ちもあるんですけど、なによりもあなたたちにすごく会いたくて、ライブができていることがすごく幸せです。今日、あゆくま自身が楽しんで、そしてまたぎを巻き込んでいくような、そんなラストライブにしたいと思いますので、相変わらず私たちについてこいや! さっきも曲中に“ありが父さん”って言いました。惜しみなく全部を出していきたいと思います。

「ゴマスリッパー」でライブを再開すると、あゆくまの楽曲の魅力の1つであるエモーショナルなメロディを聴かせる「蜜蜜蜜」「夢の続き」を表情豊かな歌声で届け、“3人の始まりの曲”という紹介から「春恋ディスカバリー」へ。同曲は、くりかまきが2014年3月にリリースした2ndシングル「クマトナデシコ」に「春恋ディスカバリー feat. ともだち」というタイトルで収録。この“ともだち”とはあゆみのことで、その直後の2014年5月にグループに加入し、あゆみくりかまきとしての活動をスタートさせたのである。3人がお互いへの想いの強さを表すように笑顔でこの曲を歌い上げると、オーディエンスも大きなクラップで応えていた。

メドレーコーナーでは、「クマトナデシコ」「恋のダイヤル6700」「心友フォーエヴァー」「森森森」「自分革命」と、彼女たちらしいハードなサウンドの楽曲を矢継ぎ早に叩き込み、会場のテンションをさらに高めていく。

アグレッシブなパフォーマンスのあとには、この日のために製作されたペイントが施されたデニム衣装を紹介しつつ、コントコーナーへ。突如“刺激がほしい!”と言い出したくりかとまきに向けて、あゆみが“刺激あります!”と“黒ずくめのおばあちゃん”からもらったという数種類のペンを見せる。その後、あゆみは「動きが速くなるペン」を持って“あなたが見えているのは(私の)残像です”と言いながら逆にゆっくりと動き、くりかは“(お笑いコンビの)粗品みたいにツッコミができるペン”を持ってあゆみとまきにツッコミをし、まきは“隠れた才能が開花する”ペンを持って“ペペロンチーノ”をテーマにしたラップを披露。あゆくまらしいちょっと緩い笑いを届けた。最後は3人が残っていたペンを持つと、それはビリビリペンというオチで感電(という設定)。その“ビリビリ”繋がりで、「ビリーでGO!!!」をアクト。勢いあふれるパンキッシュなサウンドを放つと、「鮭鮭鮭」では会場全体でタオルを回して一体感を強めていく。また、この曲の途中では、まきが鮭の人形、くりかが“本場 新巻鮭”と書かれた旗を持ってパフォーマンスをくり広げた。

勢いを加速させるように、3人はハードなサウンドを聴かせる「反抗声明」、「WAR CRY」、「KILLLA TUNE」を連続投下。コロナ禍ということで観客は声を出すことができなかったが、この日は事前に過去のライブ映像から録音していたオーディエンスの歓声をスタッフがタイミングを合わせてリアルタイムに流して、コロナ前の彼女たちのライブのような熱量のある雰囲気を生み出していた。

新たに前に進める決断ができたのは、みんなに出会えたからです(くりか)

再びのMCコーナーでは、まきが“あまり口にすると寂しくなっちゃうんで、言わなかったんですけど、あゆみくりかまきは6月19日のこの日をもって解散することになりました。私たちの口から想いを届けたいと思いますので、あゆみくりかまき、それぞれの言葉を受け止めてくれたら嬉しいなって思っています”と語り、3人が胸に抱く想いを明かした。

あゆみ:
あゆみが、くりかまきにあとから加入させてもらって、あゆみくりかまきになったんですけど、最初はすごく無理して踊ったりとか、元気な振りを……元気じゃないことはないんですけど、無理してやっていたところがあって。でも、“そのままでいいよ”って言ってくれたのが、またぎやって。私は、親にこの活動を反対されているので、本当に自分の居場所を作ってくれたのが、またぎであって、メンバーであったと思います。何もない私を歌うたいにしてくれて、本当にありがとうございました!

くりか:
あゆくまで7年で、くりかまきから数えたら9年になるんですけど、あの……(絶句)……もちろんものすごく悔しかったこともあるし、叶わなかった夢もあります。でも、今こうやって、今日新たに前に進める決断ができたのは、本当にみんなに出会えたからです。事務所の社長やったり、今天国にいるチーフマネージャーの梅さんとかもそうなんですけど、もう今日、今までのあゆくまに関わってくれたスタッフさん全員、ここにいるまたぎも、生中継で観てくれているまたぎも、こんなにすごく大切な人たちに出会えました。本当に1番の幸せです。私が笑えているのは、みんながいてくれたからです。本当にいつも笑顔をありがとうございました。

まき:
私の小さいころの夢は、歌手になることでした。それで、ひょんなことからくぅちゃん(くりか)に再会して、その夢の続きが始まりました。週1回必ず集まって、履歴書を何百枚もコピーして腱鞘炎っていうの? 手首が動かなくなるくらい、2人で夢を語り合いながら履歴書を書いてました。でも、ほとんどが不合格通知で、合否の通知が来ないことも本当に多くて。ただ、すごくポジティブだったんですよ。通知ないってことは、私らいけるんやない?って。そういう期待ばかりを胸に秘めて、歌手になること、アイドルになることを、くぅちゃんと諦めずに進めてきました。そんな時に私たちに手を差し伸べてくれたのが、今の事務所でした。社長、親熊、事務所のスタッフさん、そしてソニーさんの支えがあったから、私たちはがむしゃらに9年間走り続けることができました。そして、なによりあゆ(あゆみ)とくぅちゃんと出会ってなかったら、本当に私はこの場所に立っていないと思います。普段はあんまり恥ずかしくて言えないんですけど、この場を借りて言います。本当にありがとう。本当に2人と出会えたことが、私の幸せです。そして、あゆみくりかまきをがむしゃらに走ってこれたことが私の誇りやし、私にとってあゆみくりかまきは本当に青春でした。私たちのこの夢の旅について来てくださったまたぎのみんな、本当に感謝しています。今日は本当にありがとうございました。

あゆくまは、いつでもステージ上ではポジティブなオーラを放っていた。しかし、ステージを降りた見えないところでは、数々の逆境と戦い、もがき苦しんできたのだろう。「ぼくらのうた」は、そんな彼女たちの背中を押してくれたという楽曲。作曲のサトシ、作詞のファンキー加藤も見守る中、3人はこれまでの想いを込めて、この曲を歌い上げた。

新しい道へと旅立つ3人の現在を歌っているかのような「旅立ちの唄」、《キミガスキデス》という歌詞がラストライブではより意味のあるものに感じさせた「アナログマガール‘18」、ステージ袖のスタッフを含めて、会場全体でタオルを振り回して強固な一体感を生み出した「Grateful」と、3人は渾身のステージングで光り輝く光景をEX THEATER ROPPONGIに描いていった。

“最後は、みんなの明るい未来を願って歌います”と語って本編のラストに届けたのは、あゆくまのライブアンセム「未来トレイル」。コロナ前のように肩を組んでシンガロングすることができない代わりに、観客は全力のジャンプで会場を揺らし、メンバーに強い想いを送る。あゆくまとまたぎだからこそ生み出すことができた圧倒的な多幸感が会場を包み込んでいた。

本当に大好きでした(あゆみ)

会場中に響き渡るクラップを受けて、3人が再登場すると、ギターの軽快なウラ打ちカッティングが心地よいアップテンポナンバー「素敵な世界」をドロップ。《キミと出会わなきゃ 見落としてた景色》《めいいっぱい “大好きだ”って 伝え合えたなら 素敵な世界》など、この曲の歌詞は、ラストライブのこの瞬間を描いているようであった。この曲に限らず、あゆくまの歌詞は、人と人との結びつきの大切さを伝えてくれるものが多い。だからこそ、ラストライブでは3人が届けようとする1つひとつの言葉が、よりオーディエンスの胸を打っていたのだと思う。

アンコールのMCでは、3人はファンに向けて素直な気持ちを語った。

あゆ:
今日最後なんで、普段ライブではあんまりしゃべんないんですけど、しゃべらないとって思ったりして、(いいたいことを)いっぱいノートに書いていたんですけど……全部……考えてきたことを忘れちゃって。でも、このアンコールになって、自分は話せないから歌で伝えようって想いが強かったのかなって改めて思って。話せてたら歌おうと思っていなかったと思います。前向きに明るく、私が……本当に不器用でごめんなさい。歌で伝えてきたって言ったけど、伝えきれない部分もあるんです。本当にウマく伝えきれなくて……でも、本当に大好きでした。ステージに立って歌う時に、またぎのみんなも、そしてメンバーも、スタッフさんも、本当に大好きでした。これだけは伝えさせてください、ありがとうございました。

くりか:
アイドルになって、またぎのみんなにすごく大切なことを教えてもらえました。それは、笑顔は伝染していくことです。それを気づかせてくれたのは、本当にまたぎで。“くぅちゃんの笑顔が支えになるんだよ”とか、“くぅちゃんが笑っているから、笑顔になるよ”って言ってくれたから、くりかも笑顔でいていいんやって、すごい思って。そこからすごい肩の力も抜けて、楽しむことが1番大事やなってことに気づかせてくれました。これに気づけたのは、人生の中で本当に大きいことやなって思っています。本当に大切なことを気づかせてくれて、ありがとうございました!

まき:
まずは今日ライブを一緒に迎えさせてくれて、みなさん本当にありがとうございました! またぎは勘が鋭いから気づいてたかもしれないんですけど、交通事故(2015年12月)があってライブをキャンセルして、大好きなライブに出られないことがあったり、私自身、ポリープの手術をして(2017年2月)、盛り上げ役やのに声が出せないでステージに立っていたんですけど、やっぱりすごく落ち込むこともあったんです。ちょうど<ロッカショー>(<ボクらの熊魂20217〜あゆくまと行く全国ロッカショー!〜/2017年9月〜10月)が終わったあたりなんですけど、もうステージに立てられないかもしれない、それぐらい自分が追い込まれていて。でも、そういう暗闇の中で、本当に見えたのは、またぎ、あなたの笑顔でした。だから、私は立ち続けることができたし、このステージで想いをみんなに届けることができました。あゆみくりかまきで7年、そしてくりかまきの2年で、9年間本当に私は、あなたと出会えたことがすべてでした。こんなにたくさんのアーティストやアイドルがいる中で、私たちあゆみくりかまきを見つけてくれて、好きになってくれて、本当にみなさんありがとうございました! 私たちあゆみくりかまきとまたぎの絆って、本当にすごいと思うの。たくさんアーティストやアイドルがいるけど、本当に負けないくらい絆があるなって思っています。あゆみくりかまきは、今日で活動は終わってしまうけど、この絆は一生私たちの中では消えないし、またぎの中でも消えないでいてほしいなって思います。

“今日はいろんな想いがあるんですけど、あなたのことだけを思って、この曲を歌わせてください”というまきの言葉から3人がパフォーマンスしたのは「絆ミックス」。曲中3人はお立ち台で肩を組みながら、すべての気持ちを込めるように歌唱し、最後にまきは“終わらないよ、あなたとの絆は!”と叫んだ。この日、まきはファンに向けて“あなた”と呼びかけることが多かった。これはファン全体ではなく、1人ひとりに向けて想いを届けたいと思っていたからなのだろう。大きな拍手や会場を揺らすほどのジャンプ、そしてマスク越しでもわかる笑顔の観客の姿を見ていて、そのまきの気持ちはしっかり伝わっていたことがわかった。

アップテンポで高揚感を誘う「MILLION」を経て、アンコールのラストではラストシングル表題曲の「サチアレ!!!」をアクト。この曲をライブパフォーマンスするのは、この夜が最初で最後に。これまで受け取って来た幸せとこれからへの希望を、3人は歌声に乗せて伝えていく。マイクを通さずに“7年間、本当にありがとう!”と叫ぶと、あゆみくりかまきはステージをあとにした。

あゆくまとまたぎで、あゆみくりかまきです(まき)

あゆみくりかまきのさらなる登場を期待する拍手が巻き起こると、ダブルアンコールへ。

3人は、改めて最後の想いを言葉にして届けた。

あゆみ:
私は、あゆくまを人生経験の1つだとは考えていないです。本当に私の人生が今日で終わるくらいの感覚でいて、でも明日はやってくるわけで。1回死んで生き返る、私はきっと強い人間になれると思います。それはきっとみんながいてくれたから、あゆくまになれたから、私は強くなれると思います。本当にありがとうございました。

くりか:
今日はありがとうございました。これからのことは、まったく考えられていません、正直。でも、またぎから教えてもらった“とにかく楽しもう”をモットーに、これからも自分らしくいっぱい笑っていたいと思います。だから、大好きなまたぎも全員、これからもいっぱい笑ってください。めっちゃ楽しい人生を過ごしてください。本当にありがとうございました。

まき:
本当に大好きなあゆみくりかまきを終わるっていう決断を自分たちの中でしたんですけど、正直、この先のことを考えられていなくて、“どうするの?”って聞かれても不安でいっぱいやったんですけど、今日このステージに立って、自分の中で少し答えが出たかなって思います。本当にこの道とは違うけど、まわりにいる人を笑顔にさせられるような、そんな存在になりたいと思うし、みんなから育ててもらった盛り上げ役やから、本当にどこ行っても“ありが父さん、ありが父さん、ありが父さん”して(まきと一緒にくりかも笑う)、笑顔にしていきたいなって思います。まだ、自分の中では小さな答えしか出ていないけど、そう思っています。事務所の先輩方、スタッフさん、お世話になった関係者のみなさん、家族、そしてなにより愛している、本当に愛しているまたぎがいる前で、新しい未来が動き始める日です。これから先、あゆみくりかまきの音楽をどうか聴いて、また思い出してくれたら、すごく嬉しいなって思います。私たちもあゆくまの音楽を聴くと、あなたのことがすぐに思い浮かびます。あゆくまとまたぎで、あゆみくりかまきです。本当に7年間、またぎを背中に背負って、こんな何もない3人でしたが、一緒に夢を追いかけ続けてくれて、本当に幸せでした。みなさん、ありがとうございました!

くりかまき時代を含めた9年間の活動のフィナーレを飾ったのは、「ナキムシヒーロー」。3人は全身全霊のパフォーマンスを魅せると、オーディエンスはタオルを全力で振って呼応。あゆみくりかまきが届けてきた“ハッピーロック”が結実した光り輝く幸福感に満ちた瞬間であった。

歌い終わると、涙を見せるあゆみ。まきは“武道館っていう夢は叶えられなかったけど、こんなにも素敵な仲間に出会えたことが、本当にあゆみくりかまきの幸せでした。私たちは一生あなたたちのことを忘れないし、みんなからもらったたくさんの愛で、それぞれの人生を歩んでいきたいと思います。あゆみくりかまきを7年間、そしてくりかまきを2年間、応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました!”と感謝の気持ちを伝え、くりかは“解散しても、また音楽の中で会いましょう”と未来への希望を口にした。

会場全体に最後のお別れを告げると、あゆみ、くりか、まきの順にステージを去っていった(最後の最後にまきが転んでしまうというちょっとしたハプニングもあったが、まき自身“最後の最後に(笑)。忘れてな、これ”と、笑顔を見せた)。

ライブ中にメンバーが話していたように、この先もあゆみくりかまきの楽曲は生き続けるし、そこで3人に会うことはできる。それでも、今またぎは、やはり心にぽっかりと穴が空いたような、どうしようもない喪失感を抱いていることに疑問の余地はない。

簡単に心の整理ができないくらい、あゆくまとまたぎの間には、強い魂の結びつきがあった。だから、この悲しみはすぐには乗り越えられるものではないのは事実だ。

でも、あゆみくりかまきの3人とまたぎは、お互いに対してこれからも“サチアレ!”という前向きな願いも共有している。その両者の想いは、この悲しみを乗り越え、ともにこの先の人生を歩んでいく際の大きな希望になるだろう。

あゆみくりかまきというアイドルが、ステージの上で全身全霊でパフォーマンスをし、どこまでもハッピーな空間を作り、多くのオーディエンスを笑顔にしていたということを忘れることはない。

<ボクらの熊魂 THE LAST LIVE 〜これが あゆみくりかまき だ〜>

2021年6月19日(土)
EX THEATER ROPPONGI

SE.LAST LIVE SE
M1.HAPPY ROCK
M2.ジェットクマスター
M3.HAVE A NICE DAY,世界
M4.Amagami Days
M5.ゴマスリッパー
M6.蜜蜜蜜
M7.夢の続き
M8.春恋ディスカバリー
M9.メドレー(クマトナデシコ~恋のダイヤル6700~心友フォーエヴァー~森森森~自分革命)
M10.ビリーでGO!!!
M11.鮭鮭鮭
M12.反抗声明
M13.WAR CRY
M14.KILLLA TUNE
M15.ぼくらのうた
M16.旅立ちの唄
M17.アナログマガール‘18
M18.Grateful
M19未来トレイル
EN1.素敵な世界
EN2.絆ミックス
EN3.MILLION
EN4.サチアレ!!!
WEN.ナキムシヒーロー

スカパー!オンデマンドでは、<ボクらの熊魂 THE LAST LIVE 〜これが あゆみくりかまき だ〜>が6月26日(土)23:59まで視聴可能

関連リンク

スカパー!オンデマンド詳細ページ

ラストシングル「サチアレ!!!」

発売日:2021年5月5日(水・祝)
SECL-2569 ¥1,100

M1.サチアレ!!!
M2.HAPPY ROCK

関連リンク

ラストライブ特設サイトあゆみくりかまき音楽配信リンク一覧オフィシャルサイトYouTubeチャンネルブログあゆみTwitterくりかTwitterまきTwitterスタッフTwitterあゆみInstagramくりかInstagramまきInstagram

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 12:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます