3連勝で首位通過…イタリア代表指揮官「これ以上のことはできなかった」

拡大画像を見る

 イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が、ウェールズ代表戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 EURO2020・グループA最終節が20日に行われ、イタリアはウェールズと対戦。39分にセットプレーからマッテオ・ペッシーナが先制点を挙げると、この1点を守り切り、1-0で勝利を収めた。

 3連勝で首位通過を決めたマンチーニ監督は試合後、「これ以上のことはできなかった。もっと多くのゴールを決めることができたかもしれないが、とても暑かったし、フィジカルの激しい試合だったから、彼らはうまくやったよ」と選手たちに賛辞を送った。

「3人、4人の選手を変更してもチームのアイデンティティが変わらないことは重要だ。彼らは皆、やるべきことを理解していたし、最終的な目的が変わるものでもない。ここにいる全選手がファーストチョイスであることを証明した。勝利は必要なものではなかったので、試合への臨み方はより難しかった。それでも、私たちはとにかく勝利のために戦った。これはとても重要なことだ」

 この試合の結果、イタリア代表は30試合無敗となった。これは1935年から1939年にかけてヴィットリオ・ポッツォ氏が率いた同代表の最長無敗記録に並んだ。このことにマンチーニ監督は、「ポッツォは多くの重要なトロフィーを獲得していたから、私たちはそのレベルには遠く及ばない。ラウンド16に進出したすべてのチームがEUROを制覇する可能性がある。私たちはすべての試合に勝てるとか、何事も当然のことに思うとか考えるほどの余裕はない」と決勝トーナメントへ気を引き締めていることを強調した。

関連リンク

  • 6/21 11:46
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます