【2021年最新】プロテインシェイカーおすすめ15選!女性が使いやすい電動のものまでご紹介

拡大画像を見る

プロテインシェイカーは女性でも使いやすい電動のものや100均で買えるリーズナブルなもの、持ち運びに便利なものなど様々な種類があります。この記事ではプロテインシェイカーおすすめ15選をご紹介します。ぜひ自分に合った商品を見つけて購入してみてください。


プロテインシェイカーの3種類をご紹介


pixta.jp


ひと口にプロテインシェイカーといっても、形や混ぜ方は様々です。ここではプロテインシェイカーの3種類をご紹介いたします。自分の目的に合ったプロテインシェイカーを見つけましょう。


1. 電動型


www.amazon.co.jp


最初にご紹介するプロテインシェイカーは「電動型」です。スイッチを入れるだけで自動で混ぜてくれる優れもの。プロテインがだまになりにくく舌触り滑らかに仕上げてくれるため、プロテインが飲みやすくなるのも嬉しいポイントです。

手動でシェイカーをする手間を省きたい方や力の弱い女性にもおすすめです。電源がないと使えないものもあるので、外出先で使用を検討している方は注意しましょう。


www.amazon.co.jp


2. 飲み口型


次にご紹介するプロテインシェイカーは「飲み口型」。蓋の開け閉めがしやすく飲む際にプロテインがこぼれにくいので、トレーニング中にプロテインを飲みたい人におすすめです。

飲み口と蓋があるので、こまめな部分の洗浄が必要。次にご紹介するボトル型に比べると価格が高いものが多いので購入の際は比較してみてください。


item.rakuten.co.jp


3. ボトル型


最後にご紹介するプロテインシェイカーは「ボトル型」。密封性が高く、きちんと蓋がしまっていれば強くシェイクしてもこぼれる心配はいりません。また飲み口が広いため、洗浄がしやすいのも嬉しいポイントです。

お手頃価格で手に入るものも多いため、低価格で購入を検討している方や初めてプロテインシェイカーを使う方におすすめです。


プロテインシェイカーのおすすめの選び方


pixta.jp


プロテインシェイカーは家で使用したいのか、外出先で使用したいのかによって選ぶポイントは様々。また混ぜるときに蓋がきちんと閉まるものがも重要なポイントの1つです。自分の利用シーンに合ったプロテインシェイカーを購入しましょう。


飲みやすさで選ぶ


最初にご紹介するプロテインシェイカーのおすすめの選び方は「飲みやすさ」です。プロテインシェイカーの飲み口は、大きく分けて広口タイプと細口タイプのものがあります。

家での使用がメインの方はコップ感覚で飲める広口タイプがおすすめ。また広口タイプは洗いやすいので、お手入れのしやすさを重視する場合する方にぴったりです。

トレーニング中やジムなどに持っていく頻度が高い方は、細口で蓋がついているタイプがおすすめ。プロテインを少量で飲みたい女性や一気に飲んでもこぼれにくいものを探している方は、細口タイプのプロテインシェイカーを選びましょう。


密封性で選ぶ


プロテインシェイカーはその名の通り、シェイクして中の粉末と液体を混ぜ合わせます。その際に密封性がないとこぼれてしまう心配があるので、シェイクをしてもこぼれる心配のない蓋がしっかり閉まるものを選びましょう。


混ぜやすさで選ぶ


混ぜやすさを確かめるポイントは手に持った時のフィット感です。プロテインシェイカーが持ちやすいと振りやすくなるため、混ぜ合わせやすくなります。

プロテインシェイカー本体の側面に凹みがあったり、滑り止めがついていたりすると手にフィットしやすいので購入の際にチェックしましょう。


持ち運びのしやすさで選ぶ


自宅で飲むだけではなく屋外やトレッキング場に持っていく際は、持ち運びのしやすさも重要なポイント。

持ち手がついているものや側面に滑り止めがついているコンパクトなサイズのプロテインシェイカーもあるので、利用シーンに合わせて持ち運びのしやすいプロテインシェイカーを選びましょう。


サイズと容量で選ぶ


飲む量に合ったプロテインシェイカーを選ぶのがポイントです。身体活動のレベルによってタンパク質の目標量は様々です。(※"厚生労働省 HP")

プロテインで補う場合は自分の摂取量に合った容量のプロテインシェイカーを選びましょう。また目盛りがついていると液体を入れるときの目安になるため、とても便利なので購入の際はぜひチェックしてみてください。


デザイン性で選ぶ


ジムやオフィスで目を引くデザイン性の高いプロテインシェイカーも多くあります。ここからは女性の方におすすめの可愛らしいデザインやポップなデザインのプロテインシェイカーもご紹介するので、購入の際に参考にしてみてください。


プロテインシェイカーおすすめ15選!女性も使えるデザインから100均で買えるものまで


pixta.jp


プロテインシェイカーおすすめ15選をご紹介します。プロテインシェイカーはタイプによって用途は様々。ぜひこの記事を参考にして自分の利用シーンに合ったプロテインシェイカーを見つけてください。


1. アルプロン「EX-SHAKER シェイカーボトル」



最初にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、アルプロンの「EX-SHAKER シェイカーボトル」です。コンパクトで持ちやすく女性におすすめのプロテインシェイカー。

飲み口の部分が広いため洗いやすいのも嬉しいポイントです。またピンクやブルーなどカラーバリエーションも豊富なので、自分が欲しい色のものを見つけてみてください。

価格825円(税込)~容量(ml)500目盛り刻み(ml)‐飲み口広口タイプ攪拌方法手動


2. ブレンダーボトル「ラディアン ステンレス ローズピンク」



次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、ブレンダーボトルの「ラディアン ステンレス ローズピンク」です。保冷が可能なステンレスタイプなので、プロテイン以外の飲み物を入れられるのも嬉しいポイント。

ローズピンクが可愛らしくスリムなボトルなので、おしゃれに持ち歩きたい女性におすすめです。

価格4,280円(税込)~容量(ml)760目盛り刻み(ml)‐飲み口細口タイプ攪拌方法手動


3.BODYMAKER「電動プロテインシェーカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、BODYMAKERの「電動プロテインシェーカー」です。自動シェイカーなので、混ぜる手間を省ける優れもの。また飲み口があるのでシェイクしてすぐに飲むことができるのも嬉しいポイントです。

また電池式なので電源がない場所での使用も可能。購入する際は、電池のストックも用意しておきましょう。

価格2,990円(税込)~容量(ml)340目盛り刻み(ml)100飲み口細口タイプ攪拌方法電動


4. DAISO「マルチシェイカー」



次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、DAISOの「マルチシェイカー」です。100円で手に入るシェイカー。広口タイプのため飲みやすいく、しっかり蓋が閉まっていればこぼれる心配もいりません。

オールホワイトでお手頃価格なので、プロテインシェイカー初心者の方にもおすすめの商品です。

価格110円(税込)~容量(ml)500目盛り刻み(ml)10飲み口広口タイプ攪拌方法手動


5. ディーエイチシー「プロティンダイエット専用シェーカーコップ」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、ディーエイチシーの「プロティンダイエット専用シェーカーコップ」。女性の方でも持ちやすいスリムなタイプのプロテインシェイカーです。透明なボトルに目盛りの記載があるため、液体や粉末を入れたときに確認ができるのも嬉しいポイント。

また広口タイプなので、お掃除がしやすいので洗浄のしやすさを重視している方にもおすすめの商品です。

価格250円(税込)~容量(ml)600目盛り刻み(ml)50飲み口広口タイプ攪拌方法手動


6. マイプロテイン「シェイカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、マイプロテインの「シェイカー」です。シェイカーボールがついているため、プロテインがだまになりにくい構造になっています。

密封性も高くこぼれにくいため、持ち運びやトレーニング中に使いたい方におすすめです。

価格1,199円(税込)~容量(ml)600目盛り刻み(ml)100飲み口細口タイプ攪拌方法手動


7. EXPAND「BlenderBottle-PRO STAK」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、 EXPANDの「BlenderBottle-PRO STAK」です。粉末がだまになりにくいブレンダーボールがついているので、口当たり滑らかに作ることができます。

また蓋を閉める際に音がするので、しっかりと閉まっていることが確認できます。カラーバリエーションも豊富なので自分に合ったカラーが見つけて購入しましょう。

価格1,675円(税込)~容量(ml)650目盛り刻み(ml)50飲み口細口タイプ攪拌方法手動


8. G.Oホールディングス「プロテインシェイカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、 G.Oホールディングス「プロテインシェイカー」です。コンパクトなサイズのため、コップ感覚で使用できるプロテインシェイカー。一食分のみを摂取したい方やプロテインを飲むのが初めての方にもおすすめです。

シンプルな構造で広口タイプなので、洗いやすいのも嬉しいポイントです。

価格690円(税込)~容量(ml)300目盛り刻み(ml)50飲み口広口タイプ攪拌方法手動


9. ドーム「ハンディーシェイカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、ドームの「ハンディーシェイカー」。蓋に取っ手がついているため、持ち運びしやすく蓋を開けやすいハンディシェイカーです。

コンパクトサイズながらも600mⅼと容量は十分。また低価格のため、初めてプロテインシェイカーを買う方にもおすすめです。

価格410円(税込)~容量(ml)600目盛り刻み(ml)100飲み口広口タイプ攪拌方法手動


10. エフアシスト「プロテインシェイカーMI」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、エフアシストの「プロテインシェイカーMI」です。ボトルの側面が凹んでいるため、手になじみ混ぜやすいプロテインシェイカー。

蓋を閉める際にロックがしっかりかかり、液体が漏れにくくなっています。透明なボトルのためしっかり混ざったか確認できるのも嬉しいポイントです。

価格550円(税込)~容量(ml)500目盛り刻み(ml)100飲み口広口タイプ攪拌方法手動


11. ナイキジャパン「TR ハイパーチャージ シェイカーボトル」



次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、ナイキジャパンの「TR ハイパーチャージ シェイカーボトル」。709mⅼと大容量のプロテインシェイカーです。ボトルの中心にあるナイキのマークがおしゃれな商品。トレーニング用に使用したい方におすすめです。

価格1,948円(税込)~容量(ml)709目盛り刻み(ml)125飲み口細口タイプ攪拌方法手動


12. THINKフィットネス「プロテインシェイカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、THINKフィットネスの「プロテインシェイカー」です。底が浅く広口タイプのため、洗浄しやすいのも嬉しいポイント。

コンパクトなサイズのため持ちやすく、女性の方におすすめです。また「ゴールドジム」のロゴの記載があるので、ゴールドジムに通う方に人気の商品です。

価格340円(税込)~容量(ml)400目盛り刻み(ml)50飲み口広口タイプ攪拌方法手動


13. 明治「ザバス プロテインシェイカー」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、明治「ザバス プロテインシェイカー」です。500mⅼなので1食分に適した容量のプロテインシェイカー。ボトルの側面が凹んでいるため、手にフィットしやすくシェイクしやすい構造になっています。

またお手頃価格の商品なので、初めてプロテインシェイカーを購入する方におすすめです。

価格306円(税込)~容量(ml)500目盛り刻み(ml)100飲み口広口タイプ攪拌方法手動


14. ALLMAX Nutrition「ボルテックスミキサー付き漏れ防止シェーカーボトル」


www.amazon.co.jp


次にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーは、ALLMAX Nutritionの「ボルテックスミキサー付き漏れ防止シェーカーボトル」です。キャップ式で密封性に長けているプロテインシェイカー。飲み口が出っ張っているため、飲みやすくこぼれにくいのが嬉しいポイントです。

価格900円(税込)~容量(ml)700目盛り刻み(ml)50飲み口細口タイプ攪拌方法手動


15. アールオーエヌ「プロテインシェイカー O2GO」


www.amazon.co.jp


最後にご紹介するおすすめのプロテインシェイカーはアールオーエヌの「プロテインシェイカー O2GO」。細口タイプで飲みやすく大容量が魅力的なプロテインシェイカーです。

プロテインを飲む際にキャップを固定することができるので、飲みやすいのもポイント。トレーニング中やジムなどに持ち運びたい方におすすめです。

価格1,980円(税込)~容量(ml)600目盛り刻み(ml)100飲み口細口タイプ攪拌方法手動


自分に合ったプロテインシェイカーを選ぶのがおすすめ!


pixta.jp


プロテインシェイカーは用途に合ったものを選びましょう。シェイクをする手間を省きたい方は電動のもの、女性の方はコンパクトでおしゃれなものがおすすめです。また価格帯も100円のものから高価なものまで様々。ぜひこの記事を参考にして、プロテインシェイカーを購入してみてください。

  • 5/21 11:32
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます