炊飯器に入れるだけのアメリカ料理 「簡単ジャンバラヤ」

ジャンバラヤとは、アメリカ料理のひとつで、簡単にいうと「スパイシーな炊き込みご飯」です。

スペイン料理のパエリアがアレンジされたものといわれており、パエリアが基本的に魚介類を使うのに対して、ジャンバラヤは肉を使います。
鶏肉やソーセージ、唐辛子やハーブをミックスした辛みのあるスパイスを使うのが特徴。
まさに夏にぴったりなメニューです。

スパイスは、私は手軽な市販のチリパウダーを使っています。
チリパウダーは赤唐辛子をベースに、パプリカ、オレガノ、クミン、ガーリック、シナモンなどがミックスされたスパイス。

もし購入されるなら注意していただきたいのは、チリパウダーと似ていて間違いやすいものに「チリペッパー」というスパイスがあるということ。
チリペッパーのほうは赤唐辛子のみを原料としていて、辛みをつける目的のスパイスです。
間違えてこちらをチリパウダーと同じ分量で使ってしまうと、辛くて食べられない…ということになりかねませんのでご注意を。

また、私は鶏肉を1枚そのままお米の上にのせて炊飯しています。
炊き上がったら鶏肉を切ってご飯に添えれば、ワンプレートご飯として見た目がよくなるんじゃないかと思っています。
よく夏のお弁当にこのメニューを使っていたので、お弁当の見栄えとしては切った鶏肉をのせてあるほうが映えるんですよね。

具材を切りさえすれば、あとは炊飯器におまかせ。
暑くなってきたので、火を使わない料理のレパートリーとして、ぜひお試しください!

■簡単ジャンバラヤ

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 作りやすい量1回分>
お米 2合
トマトジュース 200ml
玉ネギ 1/2個
ピーマン 2個
ニンニク 1片
<A>
 チリパウダー 大さじ1
 塩 小さじ1
鶏もも肉 1枚(250g)
<B>
 塩 小さじ2/3
 チリパウダー 小さじ1

<作り方>
1、玉ネギとニンニクはみじん切りにする。ピーマンは1~2cm角の角切りにする。

2、炊飯器に洗って浸水させたお米とトマトジュースを入れ、2合のメモリの少し下まで水(分量外)を入れる。<A>の調味料を加えて混ぜたら、(1)をのせる。


野菜や鶏肉からも水分が出るので、水加減は少し少なめにする。

3、鶏肉に<B>の調味料をまぶし、(2)の上にのせ、炊飯する。


4、炊き上がったら鶏肉をお好みの大きさに切り、ご飯と一緒に器に盛る。

ワンプレートご飯は、後片付けも簡単でうれしいですね。


※炊飯器の機種によっては米の炊飯以外の使用を禁じているものもあります。詳しくは、取扱説明書をチェックしてください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 10:27
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます