ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン

お互いをわかり合うためにする彼氏とのケンカは、あとくされなく、上手にしたいもの。そこで今回は、オトメスゴレン読者の女性へ向けた調査結果を参考に、「ケンカを繰り返すことで学んだ、彼氏との会話をする上でのコツ9パターン」をご紹介します。

【1】思ったことはすぐ口に出さずに、1分間はガマンして冷静になってから話す。
「感情的になっていると、わけがわからないことを言ってしまう」(20代女性)とのように、興奮しすぎていると、思ってもいないことを口走ってしまうこともあるようです。ひと呼吸おいたり、興奮が収まらない時は1日ほど冷却期間を置くといいかもしれません。

【2】遠まわしな言葉ではなく、言いたいことは明確に伝える。
「なにが嫌なのかを具体的に言わないと男性は理解してくれない」(20代女性)と、「なんで私が怒ったかわかる?」などのあいまいな表現だと思いが伝わらないようです。「時間にルーズなところが嫌」と怒った理由をハッキリと伝えると、彼氏も反省してくれるでしょう。

【3】「前から思っていたんだけど…」など、過去の話を持ち出さないようにする。
「ケンカ中に過去の不満も話し始めたら、『思った時にすぐ言えよ』とさらに大ゲンカになった」(20代女性)とのように、過去の話を蒸し返されて、頭にくる男性もいるようです。不満はため込まず、その都度彼氏に伝えるほうが大きなケンカにならずにすむかもしれません。

【4】「それはつらかったよね」など、彼氏と気持ちを共有する。
「彼氏の気持ちを理解するようにしたら、短所も認められるようになった」(20代女性)と、彼氏と同じ気持ちになることが大切という声も。ケンカのたびに、なぜ怒ったのか、なぜ彼氏が自分が怒る行動をとったのかを考えると、心が寛容になり、ケンカの終息が早まるようです。

【5】自分の意見を押しつけないように、「○○はどう思う?」と彼氏の意見を聞く。
「ケンカは、自分は被害者となりがちなので、相手の言い分も聞くようにしている」(20代女性)と、耳を傾けることも大事なようです。彼氏の話を聞かないあまり、相手だけが悪いと思い込んだり、彼氏に愛想をつかされる可能性もあるので注意をしましょう。

【6】「そういう考え方もあるよね」と彼氏の考えを否定しないようにする。
「彼氏の考えが自分と違っても、頭ごなしに否定しない」(20代女性)とのように、一旦受け入れる姿勢を見せたほうがいいようです。彼氏がなにか伝えてきたら、「その考えもわかるよ」と一言伝えると、彼氏もヒートアップせずにスムーズに解決ができるようです。

【7】他の男性のことをほめないようにする。
「友達の彼氏はもっと優しいのに…と言ったら激怒された」(10代女性)とのように、他の男性をほめると、機嫌をそこねるようです。「あなたはこんなところがステキだから、ここは直して」と彼氏のことをほめるようにすると、機嫌を早く直してくれるかもしれません。

【8】「○○のくせに…」と言わないようにする。
「『身長が低いくせに』『貧乏なくせに』など、『くせに』言葉は相手を傷つける言葉しか出ない。プライドを傷つけて、興奮をあおるだけ」(20代女性)とのことです。口走らないように気をつけましょう。

【9】冗談でも、すぐ「別れる」や「嫌い」とは言わないようにする。
「ヒステリックになり、思わず『大嫌い』と言ったら、彼氏に『じゃあ、一緒にいないほうがいいね』と突き放された」(10代女性)とのように、本気と受け取る男性もいるようです。後悔しないためにも、口に出さないほうがいいでしょう。

他にも彼氏とのケンカで学んだことがあれば、ぜひ教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(宮平なつき)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 11:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます