具材を並べて畳むだけ!TikTokで人気の「トルティーヤ」が楽しくて美容にも◎

拡大画像を見る

 好きな音楽でトレンドフードを、楽しもう。

 最近、アメリカを中心にTikTok(ティックトック)で話題になっている食べ物があります。それは、「トルティーヤ」。

 そもそもトルティーヤとは、とうもろこし粉や小麦粉で作られた薄焼きクレープのような皮を使った中米インディオの伝統料理のこと。この皮を使い、軽快な音楽を流しながら作る、簡単そうでおしゃれな「トルティーヤサンド」がトレンドになっています。

 実はこれ、本当に簡単な作り方で、ダイエットや美容によさそうな具材がたっぷり挟めるのが魅力。そして材料さえ用意してしまえば、調理は2~3分しかかかりません。そこで今回は、この“ビューティートルティーヤ”の作り方とオススメの具材についてご紹介してみたいと思います。

◆まずはヘルシーな具材をそろえよう

 トルティーヤサンドを作るために絶対に必要なのが、トルティーヤの「皮」。最近では日本のスーパーでも手軽に購入できるようになっていますから、ピザコーナーなどで探してみてください。皮はフライパンで両面を軽く焼いてふっくらさせておくと風味も食感もアップします。

 具材として王道なのは、アボカド、チーズ、肉類、トマト。その他、なるべく色鮮やかな食材を選ぶことが、ダイエットや美容度を高めるポイントです。具体的には紫玉ねぎ、ニンジン、パクチー、パプリカなど。タンパク質食材を意識的にたっぷり入れることもオススメで、蒸し豆やツナ、カニカマなど身近なものをそろえてみましょう。

 今回用意したのは、シュレッドチーズ、アボカド、ニンジンマリネ、てりやきチキン、ミニトマト、紫玉ねぎ。

 それでは実際に作っていくことにしましょう。

◆皮に切り込みを入れて、具材を並べていこう!

 温めた皮を大きめの皿か板の上に置き、中心に向かって切り込みを入れます。切り込みをスタートポイントにしてにして、1/4ずつ具材を乗せていきましょう。厚みがありすぎると折りたたみづらくなるので、各具材の高さは1センチを意識するのがポイントです。

 90度ずつ1/4エリアを意識しながら、具材を組み合わせて乗せていきます。ここで注意すべきなのは、具材の“汁“をなるべく連れてこないこと。ベチャベチャした仕上がりになってしまいますから、マリネなどの汁気の多い具材は、汁気をキッチンペーパーなどで抑えてから乗せていくことをオススメします。

 360度乗せた状態は、ビジュアル的にもキレイで、慣れてくれば具材によって様々なバリエーションを作れることができるでしょう。この4エリアに分けて具材を置いた状態で、最後に塩コショウやマヨネーズなどの味付けを。ハーブや香辛料をふるのも良いですね。タレやソース類は完成後に付けて食べてもよいので、あまり濃い味付けをする必要はありません。

◆あとはパタパタと折り畳んでいくだけ

 さあ、あとは切り込みの部分を持ち上げて、90度ずつ折りたたんでいくだけです。私は右利きだからか時計回りで折りたたみましたが、反時計周りでたたんでもOKです。

 全部折りたたむと、小さなクレープのようになります。

 たたんだものを半分に切ってみると、美しい断面を楽しみながら味わうことができます。

 このトルティーヤサンドは、はさむ具材も自由で、フルーツやチョコを乗せてスイーツ系を作ることも可能。お気に入りの音楽を聴きながら、楽しく気ままに料理するには最適なメニューでしょう。気になる人は是非お試しくださいね!

<文・撮影/スギアカツキ>

【スギアカツキ】
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12

関連リンク

  • 6/21 8:46
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます