加藤浩次、「石橋貴明と共同戦線」でも消えない「キー局追放話」の超深刻状況!

拡大画像を見る

 3月末をもって吉本興業との専属エージェント契約を解除され、4月1日からは個人事務所・82styleを設立して新たなスタートを切った、極楽とんぼの加藤浩次(52)。

 3月半ばに吉本とのエージェント契約が解除されることが報じられた際、雨上がり決死隊の宮迫博之(51)のように、加藤も地上波テレビから追放されるのではないかという見方もあった。

 たしかに、3月末をもって『スーパーサッカー』と『この差って何ですか?』(ともにTBS系)という2本の加藤のレギュラー番組が終了した。

 しかし、4月からは加藤MCの新番組『巨大企業の日本改革3.0「生きづらいです2021」〜大きな会社と大きな会社とテレ東と〜』(テレビ東京系)がスタート。2006年4月からMCを務めている朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)も堅調だ。また、古巣の吉本芸人との共演もNGにはなっていない。

 6月15日未明放送の『生きづらいです2021』に出演した加藤は、吉本退社後について、「逆にすごい生きやすい。大手にいたときより、めちゃめちゃ生きやすくなっております」と笑顔で語った。

 だが、5月6日に配信された、とんねるず・石橋貴明(59)のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』に出演した加藤は、個人事務所で活動することになったことについて、「タカさんに独立に関して相談したいなって思ってたんですよ」と切り出したのだ。

 さらに、加藤が「カメラが回ってないところで、何をすればいいか貴明さんにいろいろ聞きたい」とアドバイスを求めると、石橋は「それはもう、いつでも」と応じた。

 石橋もかつて、木梨憲武(59)とともに事務所から独立した過去があり、「僕の場合、33歳ぐらい。31ぐらいから2年間ぐちゃぐちゃしました」と振り返った。

 加藤はそんな石橋に対して「最悪、タカさんのところへ行っていいですか? 今は1人で頑張りますけど、“これはダメだな”と思ったら、貴明さんのところに」と打診すると、石橋も「全然いいよ」と快諾していた。

■大御所への接触&“組合”創立で足場固め!?

 6月15日の『東スポWeb』では、加藤が、ギャラや条件交渉、一時金の貸し出し、仕事の斡旋なども視野に入れた、芸人のための「組合」設立を検討していると報じている。

「エージェント契約を解除され、吉本芸人ではなくなったこともあり、加藤さんは大御所の石橋さんに接近したり、組合創設を目指したりと、芸能界での自身のポジションを守るため、芸能活動を続けていくための動きをしているのかもしれません。

 吉本から契約を解除されても『スッキリ』は好調で、7月クールや10月クールには特番のMCが決まっているという報道もあることから、“加藤さんはフリーになっても今まで通り問題ないのでは”とも言われています。

 しかし、全然そんなことはないんです。一部では、キー局から追放される可能性もある、という話もささやかれています。特に危ないと言われているのが『スッキリ』と『人生最高レストラン』(TBS系)なんです」(放送作家)

 加藤にとっての一丁目一番地だと言われる『スッキリ』は15年目を迎えた今も、視聴率は堅調だ。その番組が「危ない」と言われているとは穏やかではない。前出の放送作家が続ける。

「『スッキリ』がすぐに終わるということはないでしょう。しかし、加藤さんが同番組のMCに就任した経緯が関係してくるんです。芸能界には、所属事務所が動いて、その看板で取ってきてくれた仕事は、事務所を離れた際には手放さなければならない、という“不文律”があるんです。

 事務所が渡してくれた仕事だけに、そこから離れる以上は手放す、ということですね。ただ、そうだとしても、その後、本人の頑張り、活躍によって番組が長期に渡って続けば、それはまた別の話になってきますよね。まさにそれが、加藤さんと『スッキリ』と言えそうです」

■『人生最高レストラン』最初のMCは徳井

『スッキリ』のオファーも、もともとは加藤に来たものではなく、日本テレビから吉本サイドに「若い視聴者が狙えて、清潔感や安定感のある適任者はいませんか?」と相談する形で舞い込んだという。

「そこで、当時、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)といったバラエティ番組だけでなく、『がっちりマンデー!!』(TBS系)などの情報番組のMCで評価を上げつつあった加藤さんに白羽の矢が立ったといいます。つまり、『スッキリ』の仕事は加藤さんに名指しできたオファーではなかったんです」(前出の放送作家)

 しかし、現在まで15年以上続く『スッキリ』は、加藤が多くの視聴者に親しまれているからこそ、好調が維持できているのは間違いないだろう。

 また、『人生最高レストラン』は2017年1月にスタートした当初、チュートリアルの徳井義実(46)がMCを務めていた。しかし、2019年10月に巨額の申告漏れと所得隠しが指摘され、徳井は芸能活動を自粛。同年12月からは、徳井に代わって加藤が新たにMCに就任したという経緯がある。

「同番組を放送するTBSも、加藤さんの『がっちりマンデー!!』や『この差って何ですか?』の司会ぶりを評価していたのではないでしょうか。ただ、『スッキリ』と同じように『人生最高レストラン』のオファーも加藤さんではなく、最初は徳井さんだった。

 そのため、関係者の間では“あの2番組がマズい”と言われています。ただ、『スッキリ』は15年に続く番組ですし、平日の帯番組ですから、いきなり終了となると、日本テレビだけでなく、加藤さん以外の出演者や制作会社など、関係各所への影響も大きい。

 すぐに加藤さんの後釜を起用するのも難しく、加えて数字も堅調ですから、日本テレビサイドも“このまま何もなければ加藤さんでいく”という思いでいるはずです。ただ、秋からは安住紳一郎アナウンサー(47)の新番組が裏にくる可能性もありますからね……」(前出の放送作家)

■安住アナ新番組スタートで『スッキリ』も窮地に?

 TBSの朝の帯番組は、夏目三久(36)がMCを務める『あさチャン!』(月~金曜午前6時)が9月末で終了し、後番組のMCを安住アナが務めることが発表された。

「『あさチャン!』は午前6時から8時の2時間番組ですが、安住アナの新番組は8時をまたぎ、8時30分や9時までになるのではないかとも言われています。つまり、『スッキリ』のライバルにもなる可能性がある。

 安住アナの番組がスタートし、『スッキリ』の視聴率が落ちれば、加藤さんを起用し続けるかどうかといった、議論も出てくるはずです」(前出の放送作家)

 一方の『人生最高レストラン』も視聴率は好調で、土曜日の23時30分という深夜帯ながら、6月13日の放送でも世帯平均視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録している。

「決して悪くない数字ですよね。ただ、この枠はそこまでいい数字を求められる時間帯でもない。また、前の時間帯の『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)が15%も取るような人気番組ですから、その数字を引き継いでいるのは間違いない。『人生最高レストラン』の枠も“加藤さんじゃなくても”という声がすでに上がっていますね」(前同)

『人生最高レストラン』、さらに『スッキリ』と、加藤の牙城が徐々に崩されていくのだろうか――。

関連リンク

  • 6/21 6:55
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 何も悪いことをしていない加藤 会社の体制に意義を唱えただけで 干されるような記事が増えて、普通にテレビに出てるけど、今にも終わるような事を書かれ…… どこに正義があるんだろうかw 大きい会社に文句を言ったら消されるのが当然のような風潮は終わってるよね

記事の無断転載を禁じます