恋に悩むアラサー男が、訳あり人妻から受けた“禁断の”レクチャー

夏・第3夜「謀る女」


「この先の街へ通じる道が、土砂崩れで遮断されたらしいよ」

昨夜まで降り続いていた雨が、今朝は止み、久しぶりに青空が広がっていた。その空を見た僕は、発作的に奥多摩に来ていた。

ここは、道が空いていれば都心から車で2時間くらいで来れる自然の宝庫だ。

僕は、釣りやデイキャンプが趣味なのだが、百貨店勤務で平日休みが多いため、一人ででかけることが多い。

今日も、渓流釣りをするために、一人でやって来た。

しかし、土砂崩れが山道をふさいでしまっては帰れない。僕は夕方立ち寄った釣り小屋でそのことを聞いて、立ち往生してしまった。

「そうですか…参ったな、車はあるけど通れないんじゃ帰れないな…」

「じゃぁ、この近くの宿に聞いてあげようか?

気のいい夫婦がやってる小さなペンションで、渓流が見えるから夏は人気でね。奥さんが少し足が不自由だから平屋で4部屋しかないんだけど。梅雨時の平日ならきっと空いてるさ」

「すみません、その宿を紹介していただけますか?」

いかにもお人好しそうな、親父くらいの年のおじさんが、釣り小屋の売店の奥で電話をしてくれた。僕は少しほっとして、窓の外を見る。

朝は晴れていたのに、夕方になりしとしと雨が降り始め、山は一層薄暗くなってきた。

雨の夜、山に閉じ込められた男が出会った奇妙な夫婦とは?

女主人のもてなし


「時田さま、今日は本当に大変でしたね」

21時頃、夕食を食べ終えた僕は、ペンション「シークレットガーデン」のダイニングで一息ついていた。

「他に予約がなくて、時間も遅かったから、急ごしらえで…。フルコースというわけにいかなくて、ごめんなさい。でも、主人が近所に食材を分けてもらいに行ったから、朝食は期待していてくださいね」

釣り小屋のおじさんの口利きもあり、ペンションのオーナー夫妻は、急な宿泊客を快く受け入れてくれた。

4部屋しかない小さなペンションで、ちょっとかっこいい40くらいのオーナーと奥さん二人で切り盛りしている。

ヨーロッパのコテージのような外観と内装で、抑えた照明が素敵な宿だった。

「ご旅行でいらしたんですか?まさか道がふさがるなんて、都心の方はびっくりしますよね」

フルコースを出せなかったお詫びに、と奥さんがご馳走してくれたワインとオリーブをちびちびやっていると、彼女がオープンキッチンを片付けながら話かけてきた。

「まあ、旅行っていうか、気分転換に釣りにきたんです。家にいると、ろくでもないこと考えちゃうから」

「あら、どんな?」

エマ、と木で彫った小さなネームプレートをつけた奥さんは、ちょっと驚いたようにこちらを見た。

30代前半くらいだろうか、歳は僕と変わらないように見える。小柄で肌が驚くほどきれいで、黒目がちな瞳が印象的だ。


「…僕、2年付き合っていた彼女に、急にフラれてしまって。ちょっと青天の霹靂だったので、どうしていいかわからなくて」

「セイテンノヘキレキ。ずいぶん難しいこと、おっしゃいますね」

エマさんは、何がおかしいのかクスクスと笑いだした。

その可愛い笑い声とワインの力で、僕は肩の力が抜けた。一人旅を気取っている大人の男というポーズなんて、このダイニングで誰も求めてない。

「いや、でもね…いまだになんでフラれたのかよくわからないんです。だって、2年間すごく楽しかったし。最後のデートだって、映画を見て、ご飯食べて、とっても平和だったんですよ」

僕は瑞穂のことを思い出して、なんだか泣きそうになった。

照明を落としたダイニングは、雨が降り注ぐ音さえも聞こえるような静かな空間だった。感傷的になるなというほうが無理だ。

「瑞穂はWEBデザイナーなんですけど、最近独立して、すごく忙しそうだった。

僕はできる限り、彼女を応援しようと頑張ったつもりだったんだけど…。休みが合わないことが大きかったのかもしれないな。

どちらにせよ、もう僕ができることなんて何もないですよ」

「そうかしら?本当に?」

突然、エマさんが、こちらを強い目で見た。

「復縁できるチャンスは、まだまだあるんじゃないですか?」

このあと、エマによる禁断のレクチャーが始まる…!?

復縁の理由


「復縁?瑞穂とやり直すことができるんですか?」

僕は驚いて、キッチンでグラスを磨いているエマさんを見つめた。

「まだ、好きなんですよね?一回別れようって言われたくらいで諦めちゃうんですか?

私なんて、ここだけの話、お付き合いしている頃、主人に何回も別れようって言われましたけど、聞き入れませんでした」

「え!?今のご主人に?」

僕は、にこにこと料理を作ってくれたこのペンションのオーナーを思い浮かべる。背が高く、精悍な顔立ちの、なかなかカッコいい人だった。

飛び込みのゲストのために、こんな夜更けの雨の中、食材を調達に行ってくれるくらいだから、きっと性格だっていいんだろう。エマさんが粘って結婚したのかと思うと、余計に彼がいい男に思えてくる。

「まあでも、それはエマさんだから。きっとオーナーも、別れるなんて本気じゃなかったんですよ。僕はそんな風にうまくいくとは思えないな…」

エマさんは、するとそこでまた不思議な感じにほほ笑んだ。そして、ゆっくりとこちらに近づいてきた。

「…時田さま、ワイン、もう少し召し上がりますか?そうだ、ちょっと珍しいいただきものがあるんです」

そしてエマさんは、ひょいと不安定なスツールに乗って、ワインセラーの一番上の右端のボトルを取り出し、ぴょんと飛び降りて、にこっと笑った。

― あれ?なんだか…。

その時湧き上がった違和感は、形になる前に、オーナーが帰宅したエンジン音にかき消された。

「あ!主人が帰ってきたわ」

エマさんは、ワインを素早く注ぐと、玄関にオーナーを迎えにいった。


「あなた、おかえりなさい。今、時田さまに私たちの馴れ初めをお話していたのよ」

エマさんは、「あなたもどう?駆けつけ一杯」とオーナーにグラスを差し出す。

「時田さま、エマがつまらない話をお聞かせしたようで…すみません。おしゃべり好きな女なんです」

オーナーは、エマさんから赤ワインのグラスを受け取ると、僕と乾杯のしぐさをしてから、一口、飲んだ。

「いえ、僕がフラれたっていう話をしたら、エマさんが慰めてくれたんです。実は僕、来週の彼女の誕生日にプロポーズをしようとしていたんですけど、フラれてしまいました」

酔いも手伝い、なんだか笑い話にしてしまいたくて、僕は告白した。

「プロポーズしてみたらいいじゃないですか。どうせ失くすものなんかない。僕も若い頃は、こいつの大事さに気づけなくて紆余曲折ありました」

「どうして気づいたんですか?」

そこに復縁のヒントがあるかもしれないと、僕はつい不躾な質問をしてしまう。

「いや、お恥ずかしい話なんですけども、僕とエマがドライブデートをしていて、交通事故にあってしまって。

エマはその事故がもとで、ご覧のように少し右足を悪くしてしまいました。日常生活にはさほど影響はないと医者は言いましたが、とくにこんな天気の日は痛むようで。

原因は明らかに僕の過失なのに、エマは僕を一切責めずに、それどころかそれまで以上に笑顔で優しく接してくれた。そして夢だったオーベルジュを開くという計画も心から応援してくれました。そんなできた女性とは、結婚するしかないでしょう」

「もう、あなた、恥ずかしい、時田さまがびっくりしてるわよ。さあ、お風呂に入ってきて。袖が雨で濡れているわ」

エマさんが、オーナーを風呂場に急き立てる。

「時田さま、お邪魔してごめんなさい。ゆっくりしていらしてください。グラスもそのままにしておいてくださいね」

そしてエマさんは、オーナーが風呂場に向かったのを確認すると、そっと目くばせして、その場でトントンと足でリズムをとった。

バレエシューズのような部屋履きをはいた右足は、しっかりと重心を支えている。

「まだまだ、やれることは、ありますよ、時田さま。男と女の間のことは、手段を選んではいけません」

おやすみなさい、と彼女は甘く囁いて、ダイニングを出て行った。


▶前回:入籍直前に姿を消した花嫁。6年後、男が知った“婚約破棄”の衝撃的な真相とは

▶NEXT:6月28日 月曜更新予定
夏・第四夜 「視える女」親友の美理は、見えてはいけないモノが「視える」女らしい。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/21 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます