タコベル従業員がシンクにダイブ 非難続出も「ジャンプのフォームが完璧」と感心する声(米)

拡大画像を見る

話題の動画は、米ウェストバージニア州にあるメキシカンタコスのチェーン店「タコベル(Taco Bell)」で今月14日に撮影された。TikTokで400万件以上の「いいね」を集めた動画に登場したのは、同店でアルバイトとして3年間勤めてきたスティーブン・ポーリーさん(Steven Pauley、20)で、この日が最後の出勤日だったという。

スティーブンさんはシンクの真横に置かれた小さな脚立に立ち、3年間働いてきた思い出を語り、最後に同僚らとささやかなお祝いでもするのかと思われたが実際はそうではなかった。

脚立の上で緊張した様子でソワソワするスティーブンさんが息を整えると、ジャンプして隣にあったシンクに飛び込んだのだ。シンクは9割ほどの水と洗剤で満たされており、スティーブンさんがダイブすると大量の水と泡が溢れ、床は水浸しになってしまった。

飲食店の洗い場でのいたずらに「二度とこの職場には戻ってくることはできないね」「最悪すぎ」「クビになるための方法を教えてくれてありがとう」「こういう動画はうんざり」などバッシングの声があがったが、別の部分に注目した人も少なくなかった。

スティーブンさんはシンクに飛び込む時、腕と脚を縮めてボールのように身体を小さくしていた。これによって肘などをシンクにぶつけることなく、すっぽりとはまるようにして飛び込んだスティーブンさんの行動に「ジャンプのフォームが完璧すぎないか!?」「そんなにシンクが大きく見えないのにすごいな」「これは芸術に近い」「痣とかできなかったの!?」など完璧な飛び込みに驚きや絶賛の声が相次いだのだ。

スティーブンさんは今回の行動について、「これは計画していたわけじゃない。なんとなく『最後に楽しんでみようかな』と思ったんだ。いつも通り午前4時頃に掃除を終えて、最後にシンクに水を溜めたんだ。いつも熱いお湯を使っているから、冷ますために大量の氷を入れたよ。命を懸けたいわけじゃなかったからね。飛び込んだ後はちゃんと掃除したさ」と明かしており、自身のことを「いつも職場で明るく楽しい雰囲気を作りながらも、きちんとプロ意識を持っているよ」と付け加えた。

なおスティーブンさんはゲーム実況者としても活躍しており、その活動に集中したいということでアルバイトを辞めたそうだ。TikTokのアカウントでは多数の実況動画を投稿しており「これからたくさんのコンテンツを作っていきたい」と目標を語っている。

この投稿をInstagramで見る

Drunk People Doing Things(@drunkpeopledoingthings)がシェアした投稿

画像は『undeaddot 2021年6月16日付TikTok「thanks for the memories」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/21 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます