【マーメイドS結果】10番人気シャムロックヒルが逃げ切りV 人馬ともに重賞初制覇

拡大画像を見る

 20日、阪神競馬場で行われたマーメイドS(3歳上・牝・GIII・芝2000m)は、先手を取った藤懸貴志騎手騎乗の10番人気シャムロックヒル(牝4、栗東・佐々木晶三厩舎)が、そのまま直線に入って最後まで粘り切り、大外から追い上げてきた5番人気クラヴェル(牝4、栗東・安田翔伍厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒4(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気シャドウディーヴァ(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)が入った。なお、3番人気アンドラステ(牝5、栗東・中内田充正厩舎)は4着、2番人気イズジョーノキセキ(牝4、栗東・石坂公一厩舎)は7着、1番人気ソフトフルート(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)は8着に終わった。

 勝ったシャムロックヒルは、父キズナ、母ララア、その父Tapitという血統。前走の寿S(3勝クラス)では14着に敗れていたが、見事巻き返して重賞初制覇を飾った。半姉サラスも2019年に格上挑戦で本レースを制しており、マーメイドS姉妹制覇となった。また、鞍上の藤懸貴志騎手にとってもこれが初のJRA重賞勝利となった。

<マーメイドSダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 6/20 16:32
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます