【札幌5R新馬戦結果】武豊グランアプロウソが押し切りV

拡大画像を見る

 20日、札幌競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・16頭)は、好位でレースを進めた武豊騎手騎乗の3番人気グランアプロウソ(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線入り口で先頭に立って押し切り、2着の5番人気エーティーマクフィ(牡2、栗東・武英智厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分9秒5(稍重)。

 さらに1馬身差の3着に6番人気ウインマーベル(牡2、美浦・深山雅史厩舎)が入った。なお、2番人気ジョーブリッランテ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)は5着、1番人気アポロリヤム(牡2、美浦・鈴木伸尋厩舎)は8着に終わった。

 勝ったグランアプロウソは、父Gun Runner、母フィドゥーシア、その父Medaglia d'Oroという血統の米国産馬。祖母ビリーヴは2002年のスプリンターズS、03年の高松宮記念を制した名牝。また、本馬を管理する松永幹夫調教師はこの勝利でJRA通算400勝を達成した。

関連リンク

  • 6/20 12:26
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます