一生忘れないからね…!カチンときた「夫からのLINE」<Vol.1>

夫のLINEに不満を持つ妻たちは、意外と多いようです。
結婚前は違ったのに……と嘆いている女性も少なくないでしょう。

今回は、妻がカチンときた夫からのLINEをご紹介します。

(1)めんどくさそうな手抜きメッセージ


「文字を打つのがそんなにめんどくさい?」と思ってしまうほど、手抜きのメッセージしか送ってこない夫もいるようです。
「残業」「飲み会」など、一言のみで伝えようとするので妻はイラっとします。

あまりにも雑すぎるメッセージはカチンとくるので、せめて文章で送ってほしいものです。

(2)相づちだけで素っ気ない


たとえ毎日顔を合わせるとしても、夫と会えない時間はLINEで連絡を取り合いたいと思っている妻たち。
そのため妻は、日中もLINEでコミュニケーションを取ろうとするのですが、夫の返事はあまりにも素っ気ないものです。

「うん」「ふーん」なんて返事しか返ってこなければ、妻もカチンときてしまいます。
もう少しリアクションしてくれるといいのですが、あまりにも素っ気ない返事ばかりだと、LINEするのも嫌になってしまいますね。

(3)「ありがとう」や「ごめんね」がない


夫婦円満でいるには、「ありがとう」や「ごめんね」を軽視してはいけません。
普段からあまり言わない夫もいますが、LINEでは省略してしまう人もいて、妻を苛立たせます。

何かしてもらったときは「ありがとう」、悪いことをしたときは「ごめんね」という言葉があれば、LINEから受ける印象がガラッと変わるのですが……。

(4)既読スルーが多い


多くの妻が不満に思っているのが、夫の既読スルー。
カチンとくるLINEも多いですが、返信さえこないこともあるのです。

きっと夫は「返信の必要がない」と思っているのでしょうが、妻としてはせっかくLINEしたのに返信がないのは寂しいもの。
既読をつけるのが「見たよ」の合図だと思っている旦那さんもいるのでしょうが、妻に寂しい思いをさせないように返事くらいしてほしいものです。


返事をするときや、連絡したいときに「おつかれさま」や「ごめんね」といった一言を加えるだけでずいぶん印象が変わります。
それなのに最低限の言葉しか送ってこない夫には、「そんなに忙しいの?」と思ってしまいますね。

夫のLINEに毎回カチンとくる場合は、どうしてほしいか伝えて改善を期待しましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/20 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます