【読めそうで読めない】「些か」の正しい読み方は?「ささか」は間違い?

拡大画像を見る

第82回は「些か」です。



■「些か」の正しい読み方は?


漢字「些」は音読みで「サ」、訓読みで「すこ」などと読みますが、「些か」は何と読むのでしょうか?


小学館のデジタル大辞泉によると、「些」は、


[形動]
1 数量・程度の少ないさま。ほんの少し。わずか。
2 かりそめであるさま。ついちょっと。
3 少しも。

[副]
1 少し。わずかばかり。
2 (あとに打消しの語を伴って)少しも。ちっとも。→いささかも


■正解は……?


「いささか」と読みます!

例えば、

「もしものときに些かな蓄えは用意してある」
「この問題は、超難問ではないが些か難しい」
「出遅れたため、自分の手助けは些か役に立たなかった」

などと使います。

今回は、読めそうで読めない漢字「些か」をご紹介しました!

スマホやパソコンの普及で、書けなくても読めればなんとかなる時代ですが、いざという時に読めないと恥ずかしい思いをすることも……。

ぜひこの機会に覚えて使ってみてくださいね!

次回は「雨間」。あなたはこの漢字の正しい読み方を知っていますか?

答えは明日の記事でチェック!お楽しみに!

(渋谷区OLちゃん)

関連リンク

  • 6/20 8:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます