デ・ブライネ、決勝T進出も優勝へ油断なし「トーナメントは一瞬で勝敗が決まる」

拡大画像を見る

 ベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネがEURO2020について語った。19日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 先月のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦で負った顔面の負傷から、18日のグループB第2節デンマーク戦で復帰を果たしたデ・ブライネは、同試合でいきなり1ゴール1アシストの活躍を見せチームを逆転勝利へと導いた。これで決勝トーナメント進出を決めたベルギーだが、同選手は大会の今後について「自分たちの目標は、自分たちの限界に挑戦することだ」とコメント。そして、以下のように続けた。

「できる限りのことを成し遂げたいと思っている。明確な目標を言うのは難しい。もちろんEURO2020で優勝することは目標だが、どの国と対戦するかでも変わってくるだろう。トーナメントは一瞬で勝敗が決まる。僕たちは選手としてそれを自覚しているし、全てが完璧でなければならないんだ」

「このトロフィーを獲得できるチームは、少なくとも8チームだ。決して簡単な戦いはないだろう。これまで最も印象的だったのは、強いて言えばイタリアだね」

 そして、同選手はマンチェスター・Cで見せるパフォーマンスから『バロンドール』の受賞も噂されているが、「僕にはコントロールできないことだ。でも、良い選手が多くいるため、選ぶ必要がないということはとても幸運なこと。それを受賞できたら世界のベストプレーヤーに仲間入りを果たしたということであり、僕が生涯をかけて努力してきた証にもなるだろう」と語っている。

関連リンク

  • 6/20 19:27
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます