イライラが爆発する前に...!「喧嘩を回避したい」心がけること四選!

拡大画像を見る


なんでなの?とついキツく言ってしまった後に待っているのは、喧嘩という重いものです。喧嘩なんかしたくないと感じるものの、やはり喧嘩になってしまうのが現状です。なんとかして回避する方法はないのでしょうか?


こまめに

まとめて一気に彼に気持ちを伝えても、彼も混乱するだけで理解してもらう事が難しいものです。男性は女性に比べてたくさんのことを一気に処理する事が苦手だからです。普段からこまめに気持ちを伝えておけば、彼自身もスムーズに聞き入れてくれます。
逆に、一気に伝えることでほとんど耳に話は入っておらず、結果としてストレスにつながる事が多いので注意してください。


優しく

言いたい放題伝えるというのは、あまりにも身勝手であり、結果として相手を傷つけそして喧嘩ということになりかねません。喧嘩にならないように優しく相手に伝えることがなによりも重要なのです。
喧嘩にならない方法は、優しく彼に伝えることでありいきなり頭ごなしに彼に伝えても、彼もイライラするだけで上手くいかないのです。


大人しく

大事なのは彼の気持ちを尊重することです。私はこうだからと上から威圧的に伝えてしまうとかえって逆効果になりかねません。彼の気持ちを考えて一度した手にでて行動するべきです。
自分の意思とは異なる行動であっても、そうすることによって相手も納得してくれること間違いなしと言えます。どんな時も相手がどう思うか考えて行動する事が大事なのです。


彼を優先

自分の気持ちを伝える前に、まずは自分のダメな部分を伝えましょう。彼はきっとそんなことないよと優しく慰めてくれるはずです。
少しずるいですが、雰囲気作りはとても大事なことであり、どんな話も雰囲気ひとつで違った意味合いにとらえる事があるのです。彼の立場を優位に立たせることによって、そうなんだと彼もストレートに聞き入れてくれます。


まとめ

手のひらで転がすといった男女間で使われる言葉がありますが、女性の方が考えも柔軟な傾向があり、避ける事ができますが、男性は直球にもの事を捉えがちです。喧嘩の雰囲気は、辛いものですしできれば普通でいたいとおもうものです。(ライターeluna)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/20 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます