知り合いゼロ!アウェーな結婚式2次会で女子と話す方法9パターン

同年代の男女が集まる「結婚式の2次会」に、出会いを求める人は多いもの。とはいえ、共通の知人がいない場合は、会話の輪に入れず、成果ゼロで終わることもあるでしょう。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性406名に聞いたアンケート調査を参考に「知り合いゼロ!アウェーな結婚式2次会で女子と話す方法」という記事をご紹介します。

【1】名札があれば「ぼっちです」と書き添える
「男性からも女性からもウケます」(20代男性)というように、参加者の名札に「ソロ参加」と明記して明るくさびしさをアピールする方法です。ただし「独身」「嫁さん募集中」などと書いてしまうと、あからさますぎて敬遠されてしまうので、悪ノリは控えましょう。

【2】「変わってますね!」と誰かに聞かれそうなスマホカバーをつけていく
「ひとりだとスマホをイジる時間も長くなるので」(20代男性)というように、周りがつっこまずにいられないアイテムで、会話のきっかけを引き寄せる方法です。ただしあまりに幼稚なモノだと、女子のアンテナに引っかからない可能性があるので、センスは問われそうです。

【3】ドリンクコーナーやフードコーナーで積極的に誰かに話しかける
「『これおいしかったですか?』とか聞けば会話が続く」(20代男性)というように、フードやドリンクのコーナーで素敵な女子に話しかけてみる方法です。ただし、順番を譲ったり、食べ物をよそってあげるだけだと単なる親切な人で終わるので、そのまま次の話題に移りましょう。

【4】同じようにぼっち参加の男性を誘ってチームで行動する
「女子には話しかけられなくても、男ならいけるので」(20代男性)というように、同じくソロ参加の男性を仲間にして一緒に女子を攻略する方法です。もっとも、仲間にする男性を誤ると、むしろ足手まといになるので、しっかり見極めたいところです。

【5】新郎新婦にあいさつするとき「誰か紹介して」とお願いしてみる
「知り合いゼロでさびしいよ。誰が紹介してよ!とギャグっぽく言うのがミソ」(20代男性)というように、新郎新婦に直談判して女子を紹介してもらう方法です。ただし、新郎新婦がテンパっている場合、負担をかけるだけなので遠慮したほうがいいでしょう。

【6】足もとがおぼつかない女子に「大丈夫ですか?」と声をかける
「真っ先に酔っ払ってふらふらしている女の子に助け船を出す」(20代男性)というように、お酒を飲み過ぎた女子を狙う方法です。しかし、本格的に足腰が立たなくなった女性だと、介抱しても記憶に残らないおそれがあるので、ほろ酔い程度の人に声を掛けましょう。

【7】目が合う女子がいたら、「新婦のお友達ですか?」とすかさず質問する
「もう目が合ったら、即座にいく!」(20代男性)というように、かろうじて共通の話題で話すきっかけをつかむ方法です。相手も「新郎のお友達なんですか?」と聞いてくるので、「はい、でも誰も知り合いがいなくて、よかったら仲間に入れてくれませんか」と謙虚にお願いすると好印象かもしれません。

【8】集合写真の撮影係に頼まれそうな位置に陣取る
「盛り上がっている団体のそばで待機」(20代男性)というように、記念写真の撮影係をきっかけに仲良くなる方法です。ただ撮影して終わり!とならないよう、シャッターを切るときに笑いを取ったり、撮影後も話を引き延ばすなどの工夫が必要でしょう。

【9】さっさと酔っ払ってオープンな気持ちで接する
「先に酔っ払ってしまえば話しかける恥ずかしさもなくなる」(20代男性)というように、いち早くアルコールを投入して心を開く方法です。ただし、泥酔すると単なる迷惑野郎になってしまうので、程よくセーブしたいものです。

こちらから仕掛けるか、イジってもらうのを待つか、自分のキャラや場の雰囲気に応じた作戦が求められそうです。今後、結婚式の2次会に参加する場合は、「もし自分がぼっちなら」という想定で臨んでみてもよいでしょう。(熊山 准) 【調査概要】 期間:2015年1月8日から15日まで 対象:合計406名(独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/20 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます