『必殺仕事人』中条きよしが明かす!「生涯現役のためのマル秘健康術」

拡大画像を見る

 昭和・平成のテレビ時代劇で活躍したスターの多くが、年齢を重ねた今も現役バリバリだ。

 そこで、超人気作品に出演していた俳優3人の生の声や、錚々たる面々の「健康術」を紹介し、時代劇スターたちの「生涯現役」の秘密に迫った!

『必殺』シリーズ(テレビ朝日系)屈指の人気キャラクター「三味線屋の勇次」を演じた中条きよし(75)は、最近ではテレビのコメンテーター、ユーチューバーとしても活動し、多忙な毎日を過ごしている。

 そんな中条は、勇次が遊び人という設定だった影響か、不健康な暮らしをしていると誤解されるという。

「どうしても夜型に見られるんですよね(笑)。でも、僕は酒がそれほど好きでもないし、夜は早く家に帰って風呂でも入って、のんびりテレビを見るほうが好きなタイプ。そりゃ、若い頃は勢いでワーワー遊んだこともありましたよ。でも、50歳を過ぎてからは夜遊びをパッタリとやめました」

 また、60代で“卒煙”にも成功したという。

「海外旅行に行った際、トランジットの空港の喫煙室で慌てて2~3本吸って走って戻ったことがあって、なんだかウンザリしたんです。帰国後に吸った1本もマズかった。そのとき、“これは神様がやめろと言っているのかな”と思いまして。不思議と1日でやめられました」

 なんとも強い意志力の持ち主なのだ。

「腹が出て動きが悪かったら、お客さんに申し訳ないので、若い頃から毎日、走ったり筋トレをやったりはしていました。70歳を過ぎてからは一日置きぐらいになりましたけどね。やっぱり、何もしないと太るんですよ。僕の場合、そういうときには3日ぐらい断食するんです。そうすると2~3キロは痩せる。そんなことの繰り返しですね」

 今は年齢なりの体力の衰えを感じるというが、『必殺』時代は、過酷な撮影も若さで乗り切ることができたと振り返る。

■プロ意識の高さがかいま見えるコメントも

「僕がレギュラーに入った『新・必殺仕事人』(81年)の頃は30代で、藤田(まこと)さんだって40代でしょ。ただ、おっかさんだけは60代だったんですよね……」

  “おっかさん”とは、勇次の育ての母にして、凄腕の仕事人「おりく」を演じた山田五十鈴のことだ。

「いつも背筋がピンとして姿勢がよかった。基本的には私生活を一切見せない方ですが、人が見ていないところで相当、努力をなさっていたんでしょう。“長い間、スターさんだった人は違うな”と思っていました」

 女優を続けるために、山田は70歳を過ぎて水泳に取り組んだといわれる。

 さて中条は、デビュー曲『うそ』(74年)の大ヒットでも知られる歌手でもあり、この8月にディナーショーも開催予定だ。

「声は年齢とともに出なくなるものです。だから僕は、自分でお金を払ってボイストレーニングを続けています。それに毎日、喉に手拭いを巻いて、喉を痛めずに鼻呼吸できるようにマスクをして寝ています」

 コロナ禍になる以前から、自宅には常にマスクが1年分あったとか。

「75歳の今も歌えるのは、努力の賜物だという自負はあります。舞台があるときは酒を飲まないし、テレビで歌うときも4~5日前から禁酒しますしね。あんまり努力しているようには見られないですけど、それなりにはしてるんです(笑)」

 芝居ではワルを演じることも好きだというが、素顔は明るく気さくな人柄だ。

「人が好きで、人と話すのが好き。若い人とも話すのも楽しいですよ。先が長くはないのは分かっています。でも、台詞が覚えられる限り、歌える限り、とことん楽しみたい。また、そんな僕の姿を見て、同年代の人が元気になってくれたら、うれしいですね」

 6月21日発売の『週刊大衆』7月5日号ではこのほかにも、野村将希や京本政樹が日々実践している健康術を明かしている。

関連リンク

  • 6/20 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます