『着飾る恋には理由があって』第9話:最終話目前で向井理が怒涛の攻め!「向井理の時代が来た」「これが最終回でいい」という声も

拡大画像を見る

毎週火曜夜10時から放送中のTBS系ドラマ『着飾る恋には理由があって(通称:着飾る恋)』。

このところ視聴者のあいだでは、「星野源を背負う(※恋が盛り上がるタイミングで主題歌が流れること)」が話題ですが……

2021年6月15日放送の第9話で星野源を背負ったのは、向井理さん演じる葉山!

最終話目前のこのタイミングでこの展開は……「当て馬」と言われてきた葉山ですが、まさかの「本命」展開来ちゃうかも!?

【第9話あらすじ】

会社の広報活動もかねて、インフルエンサーとして活躍してきたくるみ(川口春奈さん)。

ところがある日、盗作疑惑のあるバッグをSNSで紹介してしまい、「ステマではないか」とネットが大炎上

会社にも影響が及んでしまい、仕事で窮地に立たされてしまうのです。

【くるみを想えばこそ厳しい言葉をかけた瞬】

突如わいたステマ疑惑により、SNSの更新が怖くなってしまったくるみ。

会社にも居場所がなく、そんな状況の辛さから、駿(横浜流星さん)との関係に逃げ込みます。そんな中、北海道に店を出す話が出た瞬。くるみはついて行こうかなと話しますが、駿は

逃げてない? いま仕事が辛いからって、逃げるな。ちゃんと現実と向き合ったほうがいいと思う

「今こんな感じで一緒にいてもダメになる」

と語りかけたのです。

駿はくるみを想うからこそ、あえてこの言葉を選んだのですが、1番辛いときに核心をつかれると、受け止めきれないものですよね……。

【向井理が2週連続で星野源を背負った~~~!】

弱音を吐く場所がなくなったくるみは、葉山のもとへ行き、携帯を見ることすら辛くなってしまったこと、店舗での仕事をうまくいかず、辛くて逃げたい気持ちを泣きながら吐露しました。

すると葉山は、くるみの泣き顔を通行人から隠すため、自ら盾に!

さらには、「大丈夫です」というくるみに「大丈夫じゃないだろ」と語りかけて、優しく抱きしめたのです!!!!

このときバックに流れたのはもちろん、ドラマ主題歌『不思議』……。こうして葉山は、2週連続で星野源を背負うことに成功したのであります。

【こんなんされたら好きになっちゃうよね…】

葉山の一連の行動を観た視聴者の多くは、次々にフォーリンラブ。

特に「女性の泣き顔を体で隠す」シーンは話題で、「惚れる」「かっこよすぎて困る」「結婚してほしい」という声が続出しました。

また興奮しまくった “葉山派” の中には「これが最終回でいい」「向井理の時代がきた」とコメントする人もいて、葉山フィーバー状態へと突入。その勢いは増すばかりです。

【正直、どちらかを選ぶなんてムリ…!】

葉山はこれまで「くるみが幸せならそれでいい」と駿との恋を見守ってきましたが、ラストの追い上げ方がエグいエグい!

いっぽうで「くるみに逃げてほしくない」という駿の気持ちもわかるので、もはやどちらを応援したらいいのかわからなくなってまいりました。

いよいよ次回は最終話

果たしてくるみはどちらを選ぶのか、そしてお仕事の方はどうなるのか……早く続きが観たいよおおおお!

参照元:TBSテレビ、Instagram @kikazarukoi_tbs、Twitter @kikazarukoi_tbs、Twitterハッシュタグ #着飾る恋
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 6/20 12:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます