レアル、S・ラモスの後釜にクンデを狙うも…セビージャは約100億円を要求か

拡大画像を見る

 レアル・マドリードはセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ獲得に興味を抱いているようだ。19日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同紙によると、フレン・ロペテギ監督のもとでセビージャで評価を確立したクンデを、レアル・マドリードは退団の決まったスペイン代表DFセルヒオ・ラモスに代わる人材としてみなしているという。

 現在、セビージャとクンデには8000万ユーロ(約100億円)の契約解除条項が含まれているとされ、選手売却による資金調達が必要なレアル・マドリードには簡単に手が出せない状況。その上、マンチェスター・Uも同選手に興味を持っているなど、獲得へのハードルは低くない。

 また、セビージャも条項の金額以下のオファーは拒否する構えであるとも伝えられている。

 偉大なるキャプテンの後釜という高評価を受けたクンデ。同選手の選択は果たして。

関連リンク

  • 6/20 15:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます