松村沙友理「プロミス・シンデレラ」で仲居役 オリジナルストーリーで主演も

【モデルプレス=2021/06/20】女優の二階堂ふみが主演を務める7月期のTBS系火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』(毎週火曜よる10時~)に、乃木坂46から卒業を発表している松村沙友理が出演することが発表された。

◆二階堂ふみ主演「プロミス・シンデレラ」

本作は夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが“性格のすこぶる悪い男子高校生”に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。

原作は小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画で、累計発行部数(紙+電子、既刊11巻)が200万部を超えるなどSNSを中心に話題となっている。

主人公・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)役を二階堂、早梅に“リアル人生ゲーム”を仕掛ける高校生・片岡壱成(かたおか・いっせい)役を眞栄田郷敦、壱成の兄で旅館「かたおか」の五代目若旦那・片岡成吾(かたおか・せいご)役を岩田剛典が務める。

◆松村沙友理、老舗旅館の仲居役に

このたび、乃木坂46での活動を7月13日で終了することを発表している松村が、本作の舞台である高級老舗旅館「かたおか」の仲居・坂村まひろ(さかむら・まひろ)役に決定。松村は乃木坂46の1期生として芸能界デビュー。アイドルとしての活動のほかにも女優として金曜ドラマ『アンナチュラル』や『賭ケグルイ season2』(MBS)など数々のドラマに出演し、映画「東京ワイン会ピープル」では主演を務めた。さらにファッション雑誌「CanCam」の専属モデルでもあり、多方面で活躍している。

松村が本作で演じるまひろは、高級老舗旅館「かたおか」でテキパキと働く仲居。明るく物怖じしない性格で、誰ともすぐに仲良くなるが決して群れず、どこか飄々としている。新入りの早梅に旅館や片岡家の内部事情をあれこれ教える人物だ。他の仲居たちが独身の成吾に執心し女将の座を夢見ているのに対し、まひろはもっと現実的。お金持ちでイケメンであることは当たり前、さらに結婚後の自分のライフスタイルを尊重してくれて、自分の時間もちゃんと持たせてくれる相手を理想として常に結婚相手を探している。客のあしらいもうまく、24歳ながら妙に世渡り上手な彼女が、早梅との関わりの中でどんな顔を見せ、そしてどんな恋をしていくのか…。松村が個人としての活動をスタートさせる本作で見せる演技に、注目。

さらに動画配信サービス「Paravi」では、松村主演のオリジナルストーリーの配信も決定。詳細は後日発表される。(modelpress編集部)

◆松村沙友理コメント

今回、自分自身にとって節目となる時期にこのような素敵な作品に参加できて、より一層身が引き締まる思いです。私の演じる坂村まひろは、見た目はほんわかとした雰囲気ですが、心には強い信念を秘めている凄く魅力的な女の子です。まひろちゃんの良いところを少しでも多くの方に感じてもらえるよう大切に演じさせていただきます。Paraviオリジナルストーリーでは、坂村まひろを中心としたラブコメに挑戦させていただきます! 本格的なラブコメは初めてですが、観てくださる皆さんに楽しんでいただけるよう、精一杯頑張ります。本編と合わせてよろしくお願いします。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 6/20 14:25
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます