シャチに狙われてアシカの群れがパニックに 助けを求めて船に押し寄せる(チリ)

拡大画像を見る

チリ南部の沖合で今月12日、アントニオ・サパタさん(Antonio Zapata)は船を出して漁をしていた。アントニオさんは40年以上のキャリアを持つベテラン漁師だが、「こんな状況は今まで見たことがない」と話すほど珍しい状況に遭遇した。

漁の最中にシャチが狩りをするところをよく見かけるそうだが、今回は数十頭のアシカがシャチに狙われた場面を目撃したという。そして食べられまいと必死に逃げながら安全な場所を探していたアシカたちの目に映ったのは、アントニオさんの乗る船だった。

アシカたちは一目散に船に近寄ると、頭を海面から出して必死のまなざしをカメラに送っている。当時の様子を捉えた映像には、アシカたちが一度に押し寄せたため船の周囲は大量の水しぶきが上がり、アシカが積み重なり混乱状態になっていた。

アントニオさんは「数メートル先には数頭のシャチが泳いでいて、アシカたちにとっては可哀そうな状況でした。でも私たちの船には捕獲した大量のイワシが積まれていて、これ以上乗せてしまうと船が沈みかねませんでした」と明かしており、助けたくてもできない状況に陥った。

さらにアントニオさんが乗る船には10人の乗組員がおり、船が破損したり浸水して沈んでしまわないかと不安になったという。

「船を動かそうとするたびに、スクリューにアシカが引っかかって邪魔されてしまいました。」

近くの島に近づけばアシカたちはそちらへ移動するのではないかと思い移動を試みたが、進行方向にはシャチがいたのでそれも叶わなかった。

そして何とかして船がタルカワノ港に近づくと、シャチは諦めて去っていき、それを確認したアシカたちもようやく船から離れていったそうだ。

アントニオさんは「数頭のアシカは船に寄り添ったまま港までやって来ましたよ」と述べており、危機を乗り越えて安堵したという。

この映像には「可哀そうなアシカたちだ」「自然の光景の一部なんだろうけど、見ていて辛いね」というコメントも見られ、弱肉強食の世界の凄まじさを感じた人も多くいたようだ。

画像は『ABC News 2021年6月16日付「Sea lions panicked by orcas almost sink Chilean fishing boat」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 6/20 14:40
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます