大島優子の“意外すぎる私服”で独特なセンス醸す「競馬好きのおじさんスタイル」

拡大画像を見る

 元AKB48の大島優子(32)が20日までにインスタグラムのストーリーズを更新。意外すぎる私服コーディネートを公開した。

 この日、大島は「競馬好きのおじさんスタイル」とコメントし、ベージュのキャップに白いマスク、茶色のジャケットの胸元にメガネを引っ掛けたコーディネート写真を投稿。ひとつひとつのアイテムはもちろん、色合いも渋いものばかりで、確かに“おじさんスタイル”といえる組み合わせだ。

 さらに「舞台『新・熱海殺人事件』観に行ったら名前連呼されて爆笑しました 6・21まで紀伊國屋ホールにてぜひ」とつづり、舞台鑑賞を楽しんだことを報告。同舞台には、AKB48グループ総監督の向井地美音(23)が出演しているため、後輩の応援に駆けつけたのかもしれない。

 大島の意外な私服姿に、ネットでは「優子はなんでも似合う!」「これでも十分かわいい」「全身ブランド品でギラギラしているよりいいんじゃない」「独特のかわいい雰囲気持ってる」とさまざまな反響があがっている。

 大島は今年1月13日のインスタグラム投稿で、「私服でなにかのインタビュー きゃわだわ、この服」とコメントしつつ、黒地に大きな花が描かれたトップスを着ているショットを公開し、ファンから「めちゃくちゃかわいい」「似合う!」と絶賛されていた。今回の私服はかなりギャップがあるが、おしゃれに着こなしているのはさすが!

関連リンク

  • 6/20 12:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます