累計1000万食突破! 低糖質&低塩分の宅配弁当「nosh」の味やコスパを徹底検証した

拡大画像を見る

 ここ1年、自宅での食事回数がとにかく増えました。もともと料理は好きなほうですが、仕事が忙しいときは自炊の頻度がぐっと下がります。しかし、買ってきた弁当や惣菜ばかりでは栄養バランスの偏りや食費が気になるので、おいしいけどちょっと罪悪感を抱いていたのも事実……。

 そこで注目したのが、「宅配弁当」の存在です。高齢者向けのイメージが強かったので敬遠していたのですが、「nosh(ナッシュ)」というサービスは「低糖質・低塩分」を謳っていて、30代の筆者でも手を出しやすそうな印象でした。実際に筆者の周囲でも利用している人がいたので、安心感もあります。

 今回は5食分のお弁当を実際に食べてみたので、その味やコスパを本音でお伝えしましょう。

電子レンジで温めるだけの手軽さがいい

 ナッシュの宅配弁当は、冷凍状態で届きます。届いたお弁当は電子レンジで好きなときに温めて食べられるので、食事の準備にかかる時間がとにかく短いのが魅力です。

 ただし、ある程度まとまった数を注文するとなると、冷凍庫を空けておく必要があるので要注意。筆者は冷凍庫に食材をストックしがちなので、5個収めるのもかなりギリギリでした。10個を片付けるとなると、ファミリーサイズの冷蔵庫でもかなり整理した状態でないと片付けにくいでしょう。

低糖質・低塩分はダイエット中にぴったり

 ナッシュでは、「糖質30g以下、塩分2.5g以下」という基準を設け、全メニューを自社のシェフと管理栄養士が開発して工場で調理しています。出来合いのお弁当ではここまでしっかり栄養管理がほどこされたものが少ないので、ダイエット中の人などにはかなりありがたい存在でしょう。

 中身はメイン1品、副菜3品といった構成。メインは肉料理と魚料理がまんべんなく揃っており、和・洋・中で60種類以上のお弁当があるそうです。ただし、いつでも60種類が注文できるわけではなく、40種類前後ずつ登場しています。そのなかで毎週2品は入れ替えているそうなので、長く利用しても飽きない仕組みです。

糖質制限食と思えないクオリティのお弁当に出会える

 今回、筆者が食べたお弁当のなかで、糖質制限食とは思えないほどおいしかったのが、「旨だれペッパーチキン」です。糖質や塩分を控えている感じがほぼしない濃いめの味付けで、かなり満足できるボリュームでした。

 また、「きのことチーズのトマトハンバーグ」や「豚の生姜焼き」といった肉料理は、「身体にいい料理=味が薄い」というイメージとは異なり、普段食べている料理とほぼ変わらない印象です。これならダイエットのストレスはほぼ感じずに済みそうです。

一方、味が薄くてがっかりしたメニューもある

 しかし、すべてのお弁当に満足したわけではないのが本音。筆者は「白身魚の野菜あんかけ」と「肉豆腐」が残念ながら好みではありませんでした。とくに、肉豆腐は冷凍できるとことに驚いたので恐る恐る食べたところ、食感は問題ないものの、どうも味が薄すぎるように感じたのです。白身魚のメニューも同じで、こちらも薄味でした。

 また、レンジアップ商品なので、どうしても柔らかい食感のおかずが多い印象も受けました。とはいえ、今回食べた料理のラインナップがたまたまそうだった可能性もあるので、いろんなメニューに挑戦するうちに、自分の好みのお弁当がわかってくるでしょう。

おトク感を得るには長期的に使うしかない

 ナッシュで注文するには最初にプランを選ばなければなりません。一度に届く数は6/8/10食から選べ、配達頻度は1/2/3週間に1回という3つの選択肢があります。もし食べ切れていない場合や、少し注文をやめたい場合は、スキップや停止もできます。

 料金を見ると、届けてもらう数が多いほど1食あたりの料金は安くなり、最安価格は10食注文した際の599円となっています。6食注文の場合は698円なので、100円近くの差があるのです。

 さらにナッシュを利用すると「nosh club」に加入することになり、累計の購入数が170食を超えると、10食プランの場合1食あたりが499円というお得な価格で買えます。一度にたくさん、長く使えば安いことは確かです。

 6食注文する最初の段階で698円なのは、「ごはんが入っていない」ことを考えると割高感が否めません。しかし、栄養面を重視するのであれば、コンビニよりも健康的ですし、コンビニで栄養を気にしていろいろな商品を買うことを考えれば、むしろ安く済むくらいです。

 毎食をナッシュにするのは経済的に負担が大きすぎるにしても、昼食のみ、夕食のみ、またはご飯作りが面倒なときだけ利用するのもひとつの手。筆者は気分転換で料理を作りたいこともあるので、在宅日のランチ用にするのがちょうど良さそうだと思いました。

 ひとり暮らしの人はもちろん、家族と暮らしていても「今日は食事の用意がしんどいな」と感じることもあるはず。ダイエット中でなくても、冷凍庫にナッシュのお弁当をストックしておくだけで、食事作りのプレッシャーから解放されるかもしれませんよ。

●DATA

nosh
https://nosh.jp

●著者プロフィール

今西絢美
「おいしいものナビゲーター」として、調理家電や食に関する記事を執筆。フードツーリズムマイスター、利酒師の資格も持つ。ウェブサービスやアプリのトレンドも絶賛追跡中。コンテンツ制作会社「TEKIKAKU」取締役。

関連リンク

  • 6/20 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます