「私たち付き合っているんだ!」と実感した瞬間9パターン

付き合い始めは恋人同士であることをなかなか実感できませんが、ふとした瞬間からその感覚は薄れていきます。では、女の子はどういう瞬間に恋人の存在を実感するのでしょうか。オトメスゴレン女性読者へのアンケートを参考に「『私たち付き合っているんだ!』と実感した瞬間」をご紹介します。

【1】デートで初めて手をつないだとき
「恋人じゃなきゃ手をつながない」(20代女性)といった意見が他にも多数寄せられるなど、手をつなぐことをカップルの象徴的行為と考える女の子は多いようです。付き合い始めで不安な時期こそ、積極的に手をつないではいかがでしょうか。

【2】駅や街中でギュッと抱きしめられたとき
「愛されてると感じるから」(20代女性)というように、抱擁に恋人の愛を実感する女の子もいるようです。ただし、周りの目が気になる女の子もいるので、駅や街中でも人気が少なくなった瞬間を狙うと良いでしょう。

【3】毎日たわいのない内容のメールをするようになったとき
「挨拶メールが毎日来ること」(10代女性)というように、たわいのないメールが日常化することに恋人の存在を感じる女の子もいるようです。挨拶やちょっとした報告のメールは彼女の満足度を高めることができるので、面倒くさがらずにこまめに送ってみてはいかがでしょうか。

【4】彼氏が友人に彼女として紹介してくれたとき
「第三者に紹介されると、付き合いの重みが増す」(20代女性)といった意見が多数寄せられるなど、友人などに紹介されることに喜びを感じる女の子も多いようです。その際、「彼女がいつも話している◯◯ちゃん」というように、すでに周りに公にしていることをアピールすると、彼女は大切にされていると感じるでしょう。

【5】あだ名や「さん」付けではなく、名前で呼ばれるようになったとき
「名前は付き合ってなければ呼ばない」(20代女性)というように、名前で呼び合うことに恋人同士であることを実感する女の子もいるようです。呼び名については、付き合い始めに男性から「下の名前で呼んでいい?」と提案すると彼女もほっとするかもしれません。

【6】彼氏がヤキモチを焼いてくれたとき
「常にクールな彼が自分に関心を示してくれた!」(40代女性)というように、男性の嫉妬に恋人同士であることを実感する女の子もいるようです。嫉妬した場合は、怒ったり束縛したりするような発言は控え、「俺だって嫉妬するんだよ」と優しい口調で伝えてみましょう。

【7】周りから「彼氏といつもどんな話をするの?」と聞かれて答えるとき
友人に自分の彼氏の話をする瞬間、恋人の存在を実感する女の子もいるようです。日頃から彼女の悩みを聞いてあげたり、共通の趣味で盛り上がっていれば、彼女も友人に彼氏の自慢話をしやすくなるでしょう。

【8】自然に相手の予定を聞けるようになったとき
「当たり前のように会えること」(20代女性)というように、いつでもデートできる状態に恋人同士であることを実感する女の子もいるようです。仕事の忙しさをアピールするなど、誘いづらい雰囲気を出し過ぎると女の子も予定を聞きづらくなるので注意しましょう。

【9】「付き合って1カ月だね」などと言われたとき
彼氏が記念日を大事にしていることに付き合っていることを実感する女の子もいるようです。誕生日、季節のイベント、交際の記念日は手帳などに記録しておき、記念日が近づいてきたときに男性の方から伝えてあげると良いでしょう。

ほかにも女の子に「私たち付き合っているんだ!」と思われたエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(BLOCKBUSTER)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/20 10:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます