塾に通わせても成績が上がらない…その原因は塾にあった!?/有馬家の場合(5)【親たちの中学受験戦争 Vol.9】

拡大画像を見る


■前回のあらすじ
大手の集団塾の体験に通うも向いていないようで、疲労困憊となる娘。個人指導に変更したところ楽しそうに勉強するようになったのですが、成績がまったく伸びなくて…!
楽しく個別指導塾に通い始めたものの、まったく成績が伸びない優。しばらくして、その理由に気づく出来事が起こりました。



個別指導塾での授業の様子や宿題などをきちんと確認したところ、さまざまな問題が見えてきました。娘の成績をあげるためにはどうすればいいんだろう…。




優が通い始めた個別指導塾はアルバイトの先生が多く、先生が頻繁に変わり、さらには引継ぎがうまくいっていないことがわかりました。塾の指導レベルには少しガッカリしましたが、こだわりが強い娘だけに、今から別の塾に変えるというのも難しく…。

そこで、塾の室長に相談することにしたのです。先生の固定、塾で問題を解くだけで時間が終わるのではなくわからないところをきっちり教えてくれる内容に、さらに宿題のレベルも娘の成績に合わせて対応いただくなど、かなり細かい要望を出しました。正直、「うるさい親だな…」と思われる心配はあったのですが、私たちのゴールは「娘が希望の学校に入学できること」、だったらそのためには塾をきっちり利用させてもらおうと思い直しました。

こちらの思いをすべて伝えると、室長も真摯に受け止めてくれました。今後も、アルバイトの先生が指導してくれることに変わりありませんが、まずはこのまま個別指導塾に通わせることにしました。

先生と年齢が近く、私立中学のリアルな話が聞けるのは、優にとって大きなメリットでした。そして、そんな学校生活への憧れから、優のモチベーションも次第にアップし、成績は少しずつ上がり始めました。

しかし…この後も学校をどう選んだらいいか、娘が反抗的な態度を取りはじめる…など、次々に問題が起こっていったのです。

次回は新たな家族が登場します。

関連リンク

  • 6/20 8:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます