東京・渋谷の大「ジャニーズランド」化計画!『TOKIOカフェ』でダッシュ飯が食べられる!?

拡大画像を見る

 6月15日、東京・原宿の「ジャニーズショップ原宿」が今年9月に、東京・西武渋谷店B館地下1階に移転し、「ジャニーズショップ渋谷」としてリニューアルすることが明らかになった。

 ジャニーズショップ原宿は8月31日をもって営業を終了。また、西武渋谷店B館地下1階に入っている「Johnnys‘ ISLAND STORE」(アイランドストア)も7月16日をもって一時休業し、9月にリニューアルオープンする。

 数十年にわたって原宿で営業してきたジャニーズショップ原宿の閉店に、ファンからは「ジャニーズのファンは原宿=ジャニショだったと思います。たくさん並んでる写真のサンプルを見るだけでも楽しかったです」「アイドルと原宿はセットみたいなもん。この移転も時代の終焉を感じます」といった声が上がっている。

「ジャニーズショップの移転先である西武渋谷店B館地下1階にはアイランドストアのほか、美容室やエステサロンなどのテナントも入っていましたが、多くの店が閉店しているそうです。西武B館地下1階は、ジャニーズストアとアイランドストアが合体し、かなりの広大なスペースのショップになりそうです。

 ただ、それだけではないようなんです。ジャニーズストアとアイランドストアのすぐ近くには、TOKIOによる『TOKIOカフェ』なる店もできる、という話も聞こえてきています」(芸能プロ関係者)

■独立後もジャニーズ本体とは密接

 3月末をもって長瀬智也(42)がジャニーズ事務所を退所。また、城島茂(50)、国分太一(46)、松岡昌宏(44)の3人は4月に「株式会社TOKIO」を設立。ジャニーズ事務所か独立し、新たなスタートを切った。

「独立とはいっても、株式会社TOKIOはあくまでもジャニーズの子会社。噂される『TOKIOカフェ』はジャニーズショップ、アイランドストアと隣接するということですから、現在もその関係が密接であることがうかがえます。

 また、福島県庁内に『TOKIO課』ができるなど、『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)を通じて、農業、漁業など、さまざまな活動をしてきたTOKIOは各自治体や地方との絆が強い。TOKIOカフェではDASH村で獲れた食材や、TOKIOがこれまで『鉄腕DASH』で作ってきた料理など提供されると言われています」(前出の芸能プロ関係者)

 これまでDASH村では、タカネミノリとヒメノモチを掛け合わせた独自の米「男米」を栽培したほか、無農薬野菜、漬物、豆腐、うどん、そば、納豆、醤油などを作ってきた。

 また、「世界一うまいラーメンつくれるか」という企画では、番組で培った経験を活かし、小麦を栽培することから、麺、スープ、具材など、メンバーが調達した食材でラーメンを作り上げた。

 さらに「俺たちのDASHカレー」では、スパイスをはじめとするすべてを手作りすることに挑戦。長瀬が中心となり、TOKIOなりの究極のカレーを完成させている。

■「TOKIOカフェ」ではラーメン、カレー、厄介グルメも!?

『鉄腕ダッシュ』では「0円食堂」や「DASH人脈食堂」、さらには「グリル厄介」などのグルメ企画も人気を誇っている。

「『TOKIOカフェ』ではラーメンやカレーといったオーソドックスなメニューから、『グリル厄介』で取り扱った、カメ、カエル、イグアナやヘビといったゲテモノ系のメニューも食べられる可能性もあるのかもしれませんね。

 9月からはジャニーズショップ、アイランドストア、さらに『TOKIOカフェ』が西武渋谷の地下に集結し、また、渋谷にはジャニーズアイランドのオフィスやタレントのレッスン場もありますからね。渋谷が大“ジャニーズランド”になっていくのかもしれませんね」(前出の芸能プロ関係者)

 世界を魅了する渋谷に、新たな名所が誕生することになりそうだ。

関連リンク

  • 6/20 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます