気を付けて!女性から「結婚したくない認定」される男性の態度4つ

ずっと好きだった女性と付き合えたからって安心しきっていませんか?
女性への態度に気をつけないと、結婚する前にフラれてしまうことになりますよ。

今回は、女性から「結婚したくない認定」される男性の態度について解説します。

(1)自分のことばかり話す


相手の話には興味を示さず、自分のことばかり話してしまう男性は要注意です。
女性もどちらかというと、話し好きで聞いてもらいたい人が多いもの。

そのため、ただただ男性からの話を聞くだけになるのはストレスがかかります。
女性に話を聞いてもらったなら、次は女性の話を興味を持って聞いてあげてくださいね。

(2)気分の上がり下がりが激しい


気分の上がり下がりが激しい男性とは、一緒にいて疲れてしまいます。
付き合っている間は、デートの時だけ我慢すればいいですが、結婚となれば話は別。

毎日あなたの顔色を伺い、気分の上がり下がりに付き合わなければなりません。
結婚するなら、情緒が安定している人と穏やかな日常を過ごしたいと思うでしょう。

(3)細かい金額まで割り勘を要求してくる


細かい金額まで割り勘を要求してくる男性は、女性にケチだと思われています。
あまりに豪快にお金を使う男性も問題なのですが、ケチすぎるのも結婚を迷う要素です。

お財布のひもを締めるところは締め、緩めるところは緩める。
彼女に結婚したいと思ってもらうには、それぐらいの柔軟な金銭感覚が必要でしょう。

(4)決断力が乏しい


決断力が乏しい男性は、どうしても女性からは頼りなく見えてしまうもの。
食事のメニュー選び程度でそんなに迷わないでよ……と内心思っているでしょう。

女性は、いざというときに男らしくいてくれるのか不安で仕方ないのですね。
すぐに人に意見を求めてしまう人も、自分で決断する癖をつけていくようにしましょう。


大好きな彼女には、いいところも悪いところもひっくるめて好きでいてほしい……。
そう思うかもしれませんが、結婚を考えたときに女性は一度冷静になるものです。

長い結婚生活を考えたときに、結婚相手としてふさわしくないと判断されないように注意しましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/19 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます