マンU、サンチョ獲得へ向けて新オファー提示か…ドルトムントの要求額に近づく

拡大画像を見る

 ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョ獲得を目指すマンチェスター・Uが、新たなオファーを提示したようだ。19日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 以前からサンチョの獲得を目指してきたマンチェスター・Uは先日、ドルトムントに対して移籍金6700万ポンド(約102億円)+ボーナス800万ポンド(約12億円)のオファーを提示。しかし、これが断られたことを受け、7500万ポンド(約114億円)以上と推定される新オファーを提示したようだ。

 ドルトムントはサンチョの移籍金に8000万ポンド(約121億円)を要求しているものの、マンチェスター・Uからの新たなオファーを検討している模様。サンチョとドルトムントの現行契約が2023年6月30日で満了を迎えるため、関係者の間には契約締結に向けた意欲があるという。

 現在21歳のサンチョは、2017年夏にマンチェスター・Cの下部組織からドルトムントに加入。2020-21シーズンは公式戦38試合に出場し、16ゴール19アシストを記録した。EURO2020のイングランド代表メンバーにも招集されているものお、2試合を終えて出場はまだない。

関連リンク

  • 6/19 22:10
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます