【読めそうで読めない】「豪い」の正しい読み方は?「ごうい」は間違い?

拡大画像を見る

第81回は「豪い」です。



■「豪い」の正しい読み方は?


漢字「豪」は音読みで「ゴウ」、訓読みで「つよ」などと読みますが、「豪い」は何と読むのでしょうか?

小学館のデジタル大辞泉によると、「豪い」は、


[形]
1 普通よりもすぐれているさま。
2 物事の状態が普通ではないさま。


■正解は……?


「えらい」と読みます!

例えば、

「あの社長は苦労しただけあって豪い人だ」
豪い混雑だった」

などと使います。

今回は、読めそうで読めない漢字「豪い」をご紹介しました!

スマホやパソコンの普及で、書けなくても読めればなんとかなる時代ですが、いざという時に読めないと恥ずかしい思いをすることも……。

ぜひこの機会に覚えて使ってみてくださいね!

次回は「些か」。あなたはこの漢字の正しい読み方を知っていますか?

答えは明日の記事でチェック!お楽しみに!

(渋谷区OLちゃん)

関連リンク

  • 6/19 8:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます