松坂桃李を井浦新が称賛「うちの座長は最高」 “ももち”愛あふれるオフショット公開【あのキス】

 俳優の井浦新が18日にインスタグラムを更新し、出演していた金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系)のオフショットを公開。主演を務めた松坂桃李を「うちの座長は最高です」と称賛するとともに、ドラマ撮影中に撮りためた“ももち”愛にあふれたオフショットを投稿している。

 ドラマ『あのときキスしておけば』は、恋愛ドラマの名手として知られる大石静が脚本を手がけた、男女の入れ替わりを取り入れたオリジナルストーリーのラブコメディ。夢もなく生きてきたスーパーの従業員・桃地のぞむを松坂が演じ、彼と恋に落ちる漫画家の蟹釜ジョーこと唯月巴を麻生久美子が演じている。本作で井浦は清掃員の田中マサオと、彼の身体に巴の魂が乗り移ったオジ巴の2役を務めた。

 18日の最終回直前に井浦が「うちの座長は最高です」と投稿したのは、ドラマの撮影現場を記録した複数のオフショット。タキシード姿の井浦と松坂が肩を組んで笑う“ラブラブ”な2ショットをはじめ、麻生扮する巴の実家のセットで撮影された松坂のソロショット、さらにタキシード姿の井浦と松坂が笑顔で抱き合う姿や撮影の合間に腕組みしながら真剣な表情を見せる松坂の横顔などが写真で披露されている。

 井浦は松坂について「桃李くん演じるももちでなければオジ巴は今の形に育たなかったと思うし、できなかったかもしれない。それくらい桃李くんは素晴らしかった」と絶賛。さらに「国民の弟・ももち。かわいかったなぁまたあいたいなぁ」とつづっている。

 井浦の投稿に、最終回を観たファンからは「ほんとに、最高でした」「本当に素敵な素敵な物語。ありがとうございました」「この感動、一生忘れません」などのコメントが相次いでいる。

引用:「井浦新」インスタグラム(@el_arata_nest)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/19 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます