Go To Eat東京、食事券の有効期限をさらに3カ月延長

拡大画像を見る

 Go To Eat Tokyo食事券発行共同事業体は、「Go To Eat キャンペーン Tokyo」(Go To Eat東京)で発行した食事券の利用有効期限を少なくとも9月30日まで延長する。

 Go To Eat東京は、購入金額に25%上乗せして使えるプレミアム付食事券を販売する事業。当初は有効期限を3月31日までとしていたが、新型コロナの感染状況を踏まえて一先ず6月30日まで延長した。その後、さらに感染が拡大したことから再度調整していた。
 なお、食事券(アナログ・デジタル)の販売再開日は未定。このほか、食事券の販売期間や電子引換券・引換券(はがき)の受付再開・有効期限も未定だ。決定次第、知らせるとしている。申し込みはがきの到着締切日が「令和3年1月8日必着」と記載されている場合も、再開後は使用可能なので大切に保管したい。
 食事券の有効期限について、具体的な利用期間は新型コロナの感染状況が落ち着き、利用できる環境が整った段階で改めて知らせるとしている。また、感染状況を踏まえ、消費者にはすでに購入した食事券を店舗内飲食で利用するのは極力控えてほしいと呼び掛ける。飲食店側にも、自社で行うテイクアウト・デリバリーでの利用を促している。出前専用サイトなど、飲食店が配達をほかの業者に依頼している場合、食事券は利用できないので留意しておきたい。

関連リンク

  • 6/19 19:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます