TEAM NACS大集合!森崎博之、不思議な撮影体験を告白「知らず知らずのうちに…」

拡大画像を見る

森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人からなる演劇ユニット・TEAM NACSの結成25周年とWOWOWの開局30周年を記念したビッグプロジェクト『がんばれ!TEAM NACS』の完成報告会見が19日、都内にて開催。森崎、安田、戸次、大泉、音尾が出席した。

TEAM NACSの出身地である北海道を盛り上げる応援企画でもある本作。会見に集まった報道陣を見渡した大泉は「もうすぐ50歳になろうかというおじさん5人の謎の番組ではございますけれども、私はどうも記者の数が多いんじゃないかと思っていまして。しかも女優さんたちと出るときよりもフラッシュの数が多いような気がしてる。こんなにバシャバシャって。ドッキリとか、これも含めて撮ってるのかなと思ってしまう」と驚きを口にした。


TEAM NACSリーダーの森崎は「知らず知らずのうちにどんどん撮影が進んで、気付いたら終わって、今となってはほとんど覚えてない状況。ドラマを撮ったとか作品を作ったとか、そういう気持ちになる前に撮り終わった感じです」と撮影を振り返り、「なんとなく私たちの生態を撮っていただいたドキュメンタリーなんじゃないかな」とコメント。

一方、安田は「ドキュメンタリーですが、フェイクドキュメンタリーというジャンル。設定があるなかで物語が進んでいくんですが、アバウトな設定。昨今、無駄を省くということが重要なことだと思うんですけど、脱線していくことだったり無駄なトークであったり、無駄なものを切り取ることで新しいジャンルのものが出来ている」と語った。

さらに大泉は、今作について「私は間違いなく面白いと思います」と断言。続けて「我々のファンは間違いなくドキドキしながら観れて面白いですし、我々を知らないという方でも、新しい映像世界の扉を開いてみたらいかがでしょうか、と。我々もドラマ・映画に出たときに、こういうお芝居ができたらなんかもうちょっと俺ら、賞をもらえたなというくらい、『僕たち割りと上手じゃーん』と思いました(笑)。お芝居なの?お芝居じゃないの?という狭間が非常に面白くって、我々のファン以外にも必ず楽しんでいただけると思う」と自信を持ってアピールした。

戸次は「現実なのか虚構なのか、微妙なラインを突いた作品ですけれども、基本的にはフィクションでございます。1個心配しているのが、物語が進んでいくなかで解散の危機、揉めるシーンが出てくるんですけれども、私が原因で色んな軋轢を生むんですが、あくまでこれはフィクション。本当だと思っている方は、戸次重幸が大嫌いになるシーンですが、『これはフィクションだ』と声を大にして言いたい」と注意喚起。

戸次の妻であり女優の市川由衣も心配していたそうで、「ウチの妻も観まして、妻も『やばい。あんたの好感度だだ下がりだ』って言ってましたんで。これは『あくまでフィクションです』と。そういう思いで観ていただきたい」と戸次は繰り返し呼びかけていた。


WOWOWオリジナル「がんばれ!TEAM NACS」は、6月20日(日)より放送・配信スタート。

毎週日曜夜 11:00 [第1話無料放送]

関連リンク

  • 6/19 15:51
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます