「NGなしバラエティ女王」朝日奈央にまさかの「変なおじさん」大問題発言

拡大画像を見る

 6月8日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にタレントの朝日奈央(27)が出演。この回は「早咲き20代VS下積み長い苦労人」をテーマに論戦を繰り広げる構成となっていたが、朝日は20代ながら「苦労人」枠で出演していた。

「明石家さんま(65)も“お前こっち(早咲き20代)やぞ!”としていましたが、朝日はデビューが13歳で、10代のころは『アイドリング!!!』の一員としてアイドル活動をしていましたが、グループの中でもいまひとつ目立てず。2015年にソロ活動に移行し、“NGナシ”でなんでもやり切るタレントとして徐々に評価を獲得。そして、芸歴12年目の2019年にようやく『上半期ブレイクタレント』(ニホンモニター)に選ばれた苦労人です」(女性誌記者)

 そんな苦労人の朝日が今回「これまでやってきたイヤな仕事」を語る場面があったのだが、その発言内容が物議をかもしているという。

「朝日は、志村けんさんの代表的なキャラクターである“変なおじさん”の完コピした際、楽屋の鏡の前で猛練習しながら“私、何やってんだろう?”と思っていた、という話をしたんです。“全力でやったらやったで、みんなが笑ってくれるからよかった”と、前向きに締めてはいましたが、ちょっと黒歴史と思わせるようなニュアンスでもありました」(前同)

■朝日がブレイクしたキッカケの1つだった

「変なおじさん」の完コピは、朝日がブレイクするきっかけとなったテレビ東京の深夜バラエティ番組『ゴッドタン』でのことだと思われる。17年に、同番組でそれまでサブMCを務めていた松丸友紀アナウンサー(40)が産休のため、代打を決めるオーディション企画を行ったのだが、そこで朝日が「変なおじさん」を披露したのだ。

「この『ゴッドタン』出演をきっかけに、朝日のバラエティ番組の仕事は爆増。目や鼻にコインをはめたり、大量の輪ゴムを巻いて顔肉がミチミチになったり、つねにフルスイングで番組に臨む朝日は、いつしかバラエティの女王として、テレビに君臨するようになった。

“変なおじさん”はそういう意味でも朝日のタレント人生の転機となった番組です。ゴッドタンで共演したバカリズム(45)を、朝日は師と仰いでいますから、なおさら感謝しかない仕事だと思うんですが……」(専門誌記者)

 19年の『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で、『ゴッドタン』のプロデューサーである佐久間宣行が明かしたところによると、ソロで活躍し始めた頃の朝日は「アイドリングはクソでしたよ」という感じの毒舌で笑いを取っていたが、バカリズムに「悪口、良くないよ」「首絞めるよ」と言葉をかけられてトークの方向性を改め、売れるようになったという。

「朝日も19年4月に『マイナビニュース』のインタビューに、“師匠ですね。升野さん(バカリズムの本名は升野英知)には『NGなく何でもやり切れ』というのをすごく教えていただいた”と、バカリズムへの恩を話していました。もちろん『ゴッドタン』のことは大切にしていると思いますが、今回の『変なおじさん』についての発言は、少しうかつだったかもしれませんね」(前同)

■YouTubeでの態度が物議をかもしたことも

 昨年11月13日、朝日は自身のYouTubeチャンネルで『【4年ぶりなのに】宣材写真の撮影でまさかの展開が、、、!【朝日 奈央】』という“最初はまともな服だったのに、スタッフが用意した服がヒゲとチョンマゲ、幼稚園のスモッグなど”というネタ動画を投稿したが、この際も毒舌を吐いていた。

「“こんな寒いことある?”“(スタッフ)友達いないでしょ?”という毒舌のほか、“クセのあるおじさんしか見てないんですか? なるべく女性に支持してもらいたいをテーマにやってるんですよ”と怒っていました。もちろん、撮影時はすぐに切り替えて全力でおバカな姿かつ、宣材写真に使えるようにポーズを決めたりはプロ根性に溢れていたんですが……」(前出の専門誌記者)

 朝日は、今年6月6日に埼玉県入間市の「いるまPR大使」に任命されたり、3月には日清食品チルド「まぜの達人」のCMでYoutuber風のキャラを演じて見事すぎる変顔を披露したり、「令和のバラエティ女王」の異名に恥じない活躍を見せている。

 それだけに、昔以上に「天狗になっている」と受け取られかねない発言には、注意が必要かもしれないーー。

関連リンク

  • 6/19 12:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • もんすけ☆

    6/20 10:40

    自分で直接本人に取材したネタじゃないくせに、それ挙げて偉そうに説教垂れてるこの記事書いたライターが一番天狗だよな

記事の無断転載を禁じます