『ドラゴン桜』高橋海人・平手友梨奈を圧倒!“東大専科”神演技の鈴鹿央士と南沙良

拡大画像を見る

 日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)が、残すところあと2回。早い。終わってほしくない。もっと東大専科7人(いや、9人か)の青春を見守りたい。

 生徒を演じる俳優陣は、前回の『ドラゴン桜』に続き、伝説となる予感。最初こそ、知名度が高いのが高橋海人(22)、平手友梨奈(19)、加藤清史郎(19)の3人だけというのは、ちょっと弱いかも? と思っていたが、とんでもなかった。始まってみたら全員、強いのなんの。

 特に藤井を演じる鈴鹿央士(22)と早瀬を演じる南沙良(19)の2人は規格外。スター候補と言い切ろう。藤井は特に、超憎まれっ子からスタートしたにもかかわらず、今や「藤井きゅん」と呼ばれ、1、2番を争う人気キャラである。東大専科に入る前の藤井の行動はクズもいいところ。健太(細田佳央太/19)を虫ケラ扱いし、虫の解剖動画を見せつけ鼻で笑い……。

 そこから好感度を上げていけたのは、鈴鹿の演技力。憎まれっ子臭を残しつつ、不器用になじんでいく演技というのは、ものすごく難しいと思うのだ。また、「絶妙なベビーフェイス」も大きな武器に。幼い顔が憎みきれない。かまいたくなるのである。映画『遠雷と蜜蜂』の天才少年・風間塵役とはまた違ったバブみの活かし方。彼と向かい合う健太役の細田佳央太がこれまたうまく、2人のシーンは、心がガンガン揺さぶられて苦しい。

 もう1人、特筆したいのが、早瀬役の南沙良。7人の中では、いわゆる「普通キャラ」である。桜木にもクラスメイトにも素直に自分の考えを言う。彼女の言動や行動が、話の進行を促すようなことも多い。一歩間違えると、ただウザくなる危険性もあるキャラクターである。しかし南は目の動きのうまさ、声の良さで、「フツー」をとても気持ち良く明るく演じている。

■キャストのパワーは前作以上

 私はこの早瀬役で彼女に俄然興味が湧き、2019年に公開された初主演映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』を観た。この頃からすさまじくうまかった……。仕事の手を止め、泣きながら観てしまった。2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にも出演が決まっているし、ここ数年で大飛躍することは間違いない。

 小杉役の志田彩良(21)と南の絡みは良い緊張感が走る。藤井&天野の友情も萌えるが、小杉と早瀬のお互いを認め合う凸凹リスペクト感も永遠に続いてほしい!

 7人が7人とも超ド級。ドラマの大きな醍醐味のひとつは、若手が期待以上のポテンシャルを爆発させる様子を、リアルタイムで確認できることだ。『ドラゴン桜』はそういった意味で素晴らしく見応えがある。受験テクニックの描き方は正直、前作が数倍上だが、キャストのパワーは負けてはいない。

 とはいえ、繰り返すが残りあと2回。ストーリー的に間に合うのか不安なのが正直なところ。東大受験の他にも、学園買収問題が残っているし。なにより、私が個人的に大好きな天野君(加藤清史郎)が中心となる回がなく、弟との確執の背景も説明がなくボンヤリ。公式サイトの相関図では「仲が良い」となっているのに、いったい何があったのか?

 このまま天野君のエピソードをはしょらないでほしい。藤井との友情がさらに深まるような展開も絡めて、長めに時間を使っていただければ!(田中稲)

関連リンク

  • 6/19 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます