菅田将暉と小松菜奈「婚前同棲」発覚で「残るは中村倫也だけ」の非情!

拡大画像を見る

 6月17日発売の『女性セブン』(小学館)が、俳優の菅田将暉(28)と女優の小松菜奈(25)の“同棲愛”を報じた。

 記事によると、今年初め、菅田は小松が住む高級マンションの別部屋に半ば押しかける形で引っ越しを決行。半年ほどの「半同棲」生活を経て、6月中旬から本格的な同棲をスタートさせたのだという。

「スポーツ紙を通じて2人の交際が初めて報じられたのは、2020年3月のことです。その前年の2019年秋頃、大ヒットした映画『糸』の撮影中に交際をスタートさせたそうなので、付き合いはもう3年目に突入していることになります。

 2人は2016年公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』で初共演したのですが、出会ったときから菅田は小松に片思いしていたといいます。記事では、かねてより菅田が小松について≪かわいい。ずっと見ていられる≫と周囲に漏らしていたことや、交際が決まったことを喜んで友人たちとパーティを開催したことなど、小松に対する菅田のゾッコンぶりが“これでもか”と伝えられていますよ」(女性誌記者)

 若き実力派として知られる菅田は、二階堂ふみ(26)、菜々緒(32)、堀田茜(28)など数々の美女たちと浮名を流したプレイボーイ。一方の小松も、BIGBANGのG-DRAGON(32)といったワールドワイドな大物スターとうわさになった過去がある。

「『シャネル』などハイブランドの広告塔も務める小松は、一見近寄りがたいオーラを放っているように見えますが、性格はあっけらかんとしていて気さく。若手俳優がみんな恋をしてしまうような、明るい“陽の雰囲気”をまとっているそうです。

 モテまくる小松のことが心配なあまり、早々に菅田は猛プッシュで同棲まで押し切って外堀を埋める作戦に出た。菅田はすぐにでも結婚したいと思っているようですし、日本中が沸いた新垣結衣(33)&星野源(40)に続く“令和のビックカップル婚”の日は近いのかもしれません」(前出の女性誌記者)

 SNS上には「菅田将暉と小松菜奈が一緒に暮らす、それだけで映画になるやろ」「お似合いすぎて、ぐうの音もでんわ」といった“白旗”メッセージが上がる一方で、「今日は最悪の日」「身投げしたいレベルにショック」といった嘆きの声も少なくない。

■“トップコート3兄弟” 松坂桃李に続き菅田将暉も?残すは……

「仮面ライダー出身俳優の菅田には、一定の“ガチ恋ファン”がいるんです。いくら≪演技で楽しませてくれればいい≫と強がっても、熱愛が出ればどうしてもお相手がチラつきますからね。ましてや既婚者になれば、先ごろ有村架純(28)との共演でヒットした映画『花束みたいな恋をした』のような恋愛モノのオファーは必然的に減っていくでしょう。

 また、昨年12月に戸田恵梨香(32)と結婚を発表した松坂桃李(32)は、菅田の所属事務所であるトップコートの先輩でもあります。身近な人が結婚を決めたことで、彼自身も影響を受けた部分もあるのではないでしょうか。

 精鋭ぞろいで有名な“トップコート3兄弟”のうち、次男の松坂は結婚、3男の菅田は結婚間近となれば、残るは長男・中村倫也(34)のみ。中村はブレイクしてから一切、女関係のスキャンダルがありません。そのせいか、今、彼の肩には女性たちの見えないプレッシャーがのしかかっています(笑)。熱愛や結婚自体は大変おめでたいことなのですが、願わくばイケメン俳優たちには独身の間にバンバン夢を見せてもらいたいですね!」(前同)

 ここのところ相次ぐ人気俳優同士のゴールイン。いつ何時“その日”が来ても大丈夫なように、心構えだけはしておきたいものだ。

関連リンク

  • 6/19 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます