B・フェルナンデス「クリスティアーノは決定的だが」...グループの重要性を説く

拡大画像を見る

ポルトガル代表のMFブルーノ・フェルナンデスは、チームメイトのクリスティアーノ・ロナウドが「決定的な存在」であり、ユーロ2020の初戦ハンガリー戦で2ゴールを決めてそれを証明したものの、「最も重要なのはグループ」だと語った。

「彼はすでに決定的な役割を果たしており、2ゴールを決めている。彼の持つクオリティー、能力、そしてゴールを決めるための準備は誰もが知っている。しかし、最も重要なのは、彼が言うようにグループであり、全員が国のためにベストを尽くすことだ」と、ブダペストでの記者会見で述べた。

ブルーノ・フェルナンデスはユヴェントスのストライカーについて、「前回の試合のように自分の力を最大限に発揮し、最高の状態で取り組んでいる」と指摘。今季のプレミアリーグおよび欧州サッカー界で最も優れた選手の一人とされるマンチェスター・ユナイテッドのMFは、33本のパスを繋いで奪ったハンガリー戦の3点目のゴールを強調した。

「改良すべき点はあるが、私たちは幸せだ。あのような素晴らしいゴールを決められたことに満足している。我々は最後まで一緒に団結して行く。ベストを尽くす。監督が言うように、チームが一番大事で、そしてそれが目標達成につながる」

次戦(日本時間20日1時)は前回大会チャンピオンにとって厳しい試練となるドイツ戦に臨む。「次も勝つことを目標にしている。私たちはいくつかの驚きを目にしてきましたし、すべてのゲームが難しい。ドイツ人選手の個々のクオリティーは知っているが、私たちは集団に焦点を当てている。何をすべきかはわかっている。3-0というスコアに関係なく、常に修正すべき点があり、それをすべての試合で実行しなければならない」

ドイツがフランスに敗れた試合を観戦したブルーノ・フェルナンデスは、「ドイツにもいくつかのチャンスがあった。悪いプレーではなかったと思うが、フランスも良いチームであり、彼らとの対戦は難しい」と語った。いずれにしても、ミュンヘンはポルトガルにとって「難しい」会場になるだろうが、「ドイツにとっても同じ」と強調している。

最新のコロナウイルス検査で全員が陰性だったポルトガル代表チームは、木曜日にブダペストで練習した後、金属疲労の左SBヌーノ・メンデスだけを残し、ミュンヘンに出発した。

関連リンク

  • 6/18 16:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます