大野が1番!相葉は電波で誕生日祝い、二宮は「配慮」お返し…嵐「170日の絆」!

拡大画像を見る

 嵐の二宮和也(38)を中心に運営されているYouTubeチャンネル『ジャにのちゃんねる』が6月17日、生配信を行った。

 4月25日に本格始動してから、チャンネル登録者数を254万人(6月18日現在=以下同)まで伸ばし、絶好調の『ジャにのちゃんねる』。二宮を筆頭に、KAT-TUNの中丸雄一(37)、Hey!Say!JUMPの山田涼介(28)Sexy Zoneの菊池風磨(26)がさまざまな動画を投稿してきたが、生配信は今回が初めてだった。

「6月17日は二宮の誕生日とあって、これを記念しての配信でした。二宮はもちろん、中丸、山田、菊池が勢揃いして誕生日をお祝いしたのですが、はからずもあふれる嵐愛が垣間見られる放送となりましたね」(女性誌記者)

 視聴者からのコメントに答えるコーナーで、「二宮くんは生配信まで何をしていましたか?」と質問が寄せられ、二宮は「(誕生日を祝う)メールがすごい鳴ったんで、それにずっと返信をしていた」と回答。これに菊池が「どんな人から連絡が来るんですか。二宮くんクラスになると」と反応した。

「菊池の疑問に対して二宮は、“今年は1番最初はリーダーですね、ウチの”と誕生日のお祝いメールを1番早くくれたのが嵐の大野智(40)だったと明かします。続けて二宮は、“嵐の人からみんな来てますよ。相葉くん(相葉雅紀・38)、翔ちゃん(櫻井翔・39)、MJ(松本潤・37)から来てるし”と大野以外のメンバーから連絡があったことも明かしました」(前同)

■相葉は「ニノもそうだよ」アピール

『ジャにのちゃんねる』と同じ6月17日に放送された『VS魂』(フジテレビ系)でも、相葉は二宮の誕生日について触れていた。

「番組のトークコーナーで、ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)チームとして参加していたKing&Princeの岸優太(25)が、レギュラーメンバーの風間俊介(38)とチームメイトの波瑠(30)が放送日の6月17日が誕生日であることに言及して、スタジオでは2人への祝福の拍手が起こります。

 風間と波瑠へのお祝いムードがスタジオには漂っていたのですが、ゲームに参加していなかった相葉が、隣の席に座っていたアンタッチャブルの山崎弘也(45)に“ニノもそうだよ。ニノも”と二宮も誕生日であると食い気味にアピールしていました。

 スタジオの目立たないところで行われていた、このやり取りを山崎が拾い、全体に向けて“(相葉の)ニノ愛が強すぎて、すごい俺に『ニノもそうなんだよ』って”と話したため、改めてスタジオで二宮の誕生日が祝われていました」(前出の女性誌記者)

 二宮の誕生日も祝った『VS魂』だったが、この番組の存在が『ジャにのちゃんねる』の配信時間にも影響を及ぼしていたという。

「『ジャにのちゃんねる』の生配信は予告通り、6月17日の20時5分頃にスタートして、約1時間ほどで終了しました。決して短くはないのですが、“もっと見たかった”とのファンの声がSNSに寄せられていました」(ワイドショー関係者)

■『VS魂』への気遣い!?

 出演者の菊池も配信中に「2時間はいけますよね」とのコメントをしていた。

「今回の配信でも触れられていましたが、21時から菊池さんが出演するバラエティ番組『最高の最下位!』(日本テレビ系)の放送があり、“裏被り”対策のために21時には終了する必要がありました。

 そのため、開始時間を前倒しして、配信時間を伸ばす方法もあるのですが、それもできない。というのも、19時から20時までは相葉さんが出演する『VS魂』があるため、二宮さんとの嵐メンバー被りが発生してしまうんです」(前出のワイドショー関係者)

 嵐のグループ内裏被りが避けられた例は過去にもあった。

 4月8日、相葉が出演する『VS魂』と櫻井がゲスト出演した『THE突破ファイル』(日本テレビ系)の2時間スペシャルがあった。

「『VS魂』と『突破ファイル』ともに木曜19時から放送の番組で、相葉さんと櫻井さんの裏被りの可能性もありました。しかし、『突破ファイル』で櫻井さんが出演するコーナーが『VS魂』の放送が終わった20時から放送されたため、裏被りは回避。日テレサイドが相葉さんの『VS魂』を考慮し、櫻井さんの出演時間を設定したとも言われていました」(前同)

■活動休止でメンバーの絆が深化している

 今回は、YouTubeの『ジャにのちゃんねる』とテレビの『VS魂』という、異なるメディアでの調整があったのだ。

「『VS魂』の時間はずらせませんから、『ジャにのちゃんねる』サイドが時間を調整して、20時5分スタートというスケジュールにしたのでしょう。『ジャにのちゃんねる』の生配信はアーカイブとして後からも見れますが、やはり生で見てその場でコメントをしたいファンも多いでしょうから、二宮さんが配慮したのではないでしょうか」(前出のワイドショー関係者)

 嵐の活動休止からここまで約170日。その間にメンバー同士の気遣いを感じさせる出来事はほかにもあった。

「相葉さんが、1月に体調不良で自身が休養した際、“いろいろ差し入れ、うちのマンションに送ってくれた”と櫻井さんからの気遣いがあったと明かしたり、松本さんが2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の主演に抜擢されたと報告があったとき、二宮さんと大野さんが、嵐のグループLINEに“見るでござる”と揃って投稿したとバラエティ番組で語られたりしています。

 以前からメンバー同士の仲が良いことで知られている嵐ですが、活動休止期間に入ってから、共に活動できないことで、メンバー間の絆はより深まっているようにも見えますよね」(前同)

 活動がストップしても、メンバーたちの優しさの連帯は止まらない!

関連リンク

  • 6/19 8:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます