木村拓哉「最高顧問」の次は「バッチ」B'z稲葉浩志!? アーティストデビューEXITの野望

拡大画像を見る

 6月14日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、EXITが“最高顧問”とあがめる木村拓哉(48)との関係について語った。くりぃむしちゅーの上田晋也(51)から「何なの? 最高顧問っていうのは」聞かれたEXITのりんたろー。(35)は昔から木村のファンで、「木村さんのラジオに出させてもらったときにいろんな話をしたんですけど、“お願いします。最高顧問になってくださいよ”みたいな話したら、“じゃあ、俺が”」と快く引き受けてくれたと明かした。

上田が「最高顧問っていうのは、何をおやりにやるの?」と怪訝な顔をすると、兼近大樹(30)は「とにかくキムタクと関わりたかったっていうだけです」と即答。りんたろー。は、木村がそれ以降、EXITがテレビに出ると、たびたび「面白かったよ」など感想の連絡をくれると自慢げに語った。

 りんたろー。は木村が好きすぎるあまり、YouTubeでも「キムタクになりたい」という企画で、木村がドラマで着ていた服やアクセサリーを爆買いしていると告白。これを聞いた上田は、「おまえが? そんなに顔面デカいのに?」とイジり、りんたろー。を苦笑させた。

 上田が「ごはんとかはまだ行けてないの?」と聞くと、兼近は「(コロナが)明けたら、いろいろやろうって言われてて」「僕、B’zの大ファンなんですけど」と答え、上田から「キムタクのファンじゃねぇのかよ」「こんだけキムタクの話してて、おまえB'zのファンなの!?」とツッコたが、「B'zの大ファンなんですよ!」と大きくうなずいた。

■木村と稲葉は家族ぐるみの仲

 兼近が、木村にB'zの大ファンだと話したところ、木村は「ああ、じゃあ今度バッチのライブ行こうよ」と言われたと明かし、「稲葉さんのことを、拓哉くんはバッチって呼んでるんす」とうれしそうに語った。

 木村と“バッチ”ことB'z稲葉浩志(56)は、以前から親友の関係。2人は2011年頃にハワイのサーフィンスポットで出会って以来、親交を深めたといい、その後は家族ぐるみのつきあいをしているという。2015年には『週刊女性』(主婦と生活社)が、両夫妻がカフェで談笑している様子を報じた。

 またSMAP解散後ソロとして2020年に音楽活動をスタートした木村のアルバム『Go with the Flow』の中の1曲『One and Only』の作詞を稲葉が担当。同年2月に、2人は『SONGS』(NHK)でテレビ初対談をはたしている。また今年3月には、サーフィン専門誌『NALU』の木村の連載「木村拓哉、海辺の時間。」のゲストにも稲葉が登場し、スペシャル対談を行っていた。

 EXITは、7月にソニーミュージックから『なぁ人類』をリリースし、アーティストデビューする。“最高顧問”木村にハマり、さらに大物アーティストB'zの稲葉にもハマれば、ミュージシャンとしても大成功間違いなし!?

関連リンク

  • 6/19 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます