柏木由紀、WACK・渡辺淳之介プロデューサーと活動を振り返る! 対談動画公開

柏木由紀が、これまでのWACKでの活動を渡辺淳之介プロデューサーと振り返る対談動画を公開した。

テレビ番組にて「脊髄空洞症」の疑いが判明し、7月のソロコンサートの開催、WACKとの7作コラボシングルリリースを延期し、今月末より治療に専念することになった柏木由紀。

今回公開された渡辺淳之介との対談は、6月中旬の一時休養前に急遽実施された。

この1ヵ月以内にMVを7作撮影という通常では考えられない怒涛の制作スケジュールが予定されていたため、渡辺からは“正直、僕としてはホッとしている”と、思わず安堵の声が発せられた。

柏木も“1日おきに6本撮影しようとしてましたからね、信じられない”と笑う。

柏木の不調を受けて、撮影内容の変更なども検討。しかし、柏木自身は、“せっかく(WACKの)みなさんとやるんだったら、それぞれのメンバーのみなさんが振り付けてくださった振りを、一緒の衣装で、一緒にやってこそのプロジェクトだと思ってたから”と、内容が変更になると満足のいく作品作りにならないのでは?という葛藤があったことを告白。続けて、手術後に全快で撮影に臨めるように“延期”を決めたスタッフチームの配慮に“嬉しかった”と述懐する。

柏木の病状を知らされた際、渡辺は“柏木さんの職業って代わりがいないんですよ。代わりがいないものを背負っている重圧もある”と、改めて音楽事務所経営者としても考えさせられる機会になったことを語った。

その後、話題は、1年前のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』での出会いや、渡辺の立ち位置、AKB48の総合プロデューサーである秋元康からの柏木プロデュース依頼の話へ。今回の渡辺の“7作同時リリース”企画は、ダメ元で出した案が通ったなどの秘話も明かされた。

最後に柏木が、“万全な体調と身体と心で、もっとパワーアップしたものをお届けできると思うので、しっかり治療してそれぞれのグループといい作品をみなさんにお届けしたいと思います、楽しみに待っていてください”と述べて、動画は締めくくられた。

なお、これまでほぼ週イチで公開されてきたWACKとのコラボ動画は、今回で一時休止となる。

関連リンク

柏木由紀 新公式HP

画像をもっと見る

関連リンク

  • 6/18 20:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます