会いたい時どうする?片想いの人に【会える口実】の作り方って?

拡大画像を見る

片想いしている人がいると、会う回数を増やすことが重要です。会う回数が多ければ多いほど、相手から親しみやすさを感じてもらえてアプローチする機会も増えるでしょう。また、単純に片想いの人であれば何度も会いたいと考えるのも当然のことです。
ですが、意識している相手に対して気軽に「会いたい」と伝えるのは至難の業です。どういう口実があれば相手と会いやすくなるのか考えてみましょう。


お土産を渡す

旅行に行った時や出張に行った時、必ず相手の分のお土産を買う癖をつけましょう。お土産を渡すという口実があれば、相手にも会いやすくなります。
雑貨だとかさばってしまいますし「次に会った機会に」と言われてしまう恐れがあるので、賞味期限のある小さなお菓子などがおすすめです。
どこの駅にも500円くらいでちょっとしたお菓子があるので、そういうものを買って相手を誘い出す口実にすると良いでしょう。


本やCDを貸す・借りる

相手と趣味が同じ人は、本やCDを貸す、あるいは借りるという口実もおすすめです。物の貸し借りは、その時だけではなく返す時にも会う口実を作れるため非常におすすめできます。
さらに、周りになかなか同じ趣味の人がいなければ「語り合おう!」とデートに連れ出すきっかけを作ることもできます。相手の趣味に合わせて、自分の趣味を作るのも良いのではないでしょうか。


相手の好きなものを見つける

相手が好きなもので、なかなか見つからないものを探すのもおすすめです。たとえばガチャポンのように、安価でできるため負担にもならず、相手のコレクター精神を刺激するようなものであれば、出先で見つけた時に購入し、後から相手に会う口実にすることもできるでしょう。
期間限定のお菓子などを代わりに購入するのもおすすめです。普段から、一人の時でも常に相手のことを考えてアンテナを張り巡らせる癖をつけておきましょう。


会えば会うほどアプローチできる!片想いの人にはたくさん会おう!

会う機会を作るのは非常に難しいことですが、会う回数を増やせば増やすほど積極的にアプローチができます。
片想いの人がいて、なんとか恋愛を成就させたい人は、多少不自然でも良いので相手に会う口実をどんどん作っていきましょう。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 6/18 19:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます