田中律子、娘との誕生日ペアショットで大注目されたバストとフェロモン増量

拡大画像を見る

 女優の田中律子が6月14日、自身のインスタグラムを更新。23歳の誕生日を迎えた娘とのペアショットを披露した。

 田中は「東京のお家でお祝い まったく英語も話せなかったのに、高校からイギリスに行って今ではテレビも英語、お友達とも英語で話す チビのときは私の後ろに隠れてものすごい人見知りだったのになぁ 人生ってどこで、どう変わるのか分からないから面白い」と綴り、娘にエールを送っている。

「2012年2月にカメラマンの杉本学氏と離婚している田中は、その後シングルマザーとして芸能活動を続け、今は娘と別々に暮らしているようですね。それにしても、自身は7月で50歳になるものの、相変わらず若々しい。今回の母娘のペアショットにファンからは『そっくり!』と大きな反響が寄せられていますが、正直、田中の方が美人なのは間違いありません。また、年齢を重ね少しふっくらとしたのか、明らかにバストアップしている点にも注目です。胸元から少しだけ見えているバストの渓谷に熱い視線が集まっていますよ」(ネットニュースサイトライター)

 ネット上では「律ちゃん、変わらず元気キャラで綺麗だね。体型も肉付きがよくなって、さらに魅力が増しています」「23歳の娘さんがいたなんて知らなかった! でも、お母さんの方がオーラあるのはさすが芸能人」などと、大きな反響を呼んでいる。

 田中は翌15日、水着姿で海辺に佇む姿をインスタグラムに投稿しているが、夕日を浴びたシルエット写真からは、豊かな胸とボリューム感たっぷりのヒップの形がクッキリと分かり、確かにフェロモン増の美ボディに進化したことが窺える。現在、東京と沖縄を行き来しながらスローライフを送っているというが、次回はぜひとも、シルエットではない水着カットでファンを沸かせてもらいたいものだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 6/18 17:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます