星野源『AERA』表紙は不思議なセットで撮影、“新たな境地”も明かす

拡大画像を見る

6月21日発売のAERA 6月28日号の表紙に、約3年4カ月ぶりとなるシングルパッケージ『不思議/創造』のリリースを控えた星野源が登場する。インタビューでは、コロナ禍で話題を呼んだ『うちで踊ろう』を経て新たな境地に達したという星野が、『創造』誕生の背景や、ラブソングというものに真正面から向き合った『不思議』への思いなどを率直に語っている。


本誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が今回、星野源ために用意したのは、花なのに野菜のようにも見えるなんだか不思議なセット。星野は「こんな風にできているんだ」と興味深そうな表情を浮かべながら、セットの中に足を踏み入れた。撮影が始まると、キリッとしたり、ちょっとふざけたり。表紙に加え、5ページにわたるカラーグラビア&インタビューで、蜷川がとらえたさまざまな表情をたっぷり掲載している。


6月23日にリリースされる『不思議/創造』は、2018年の『ドラえもん』以来、約3年4カ月ぶりのシングルパッケージ。2020年、コロナ禍で大きなムーブメントを巻き起こした『うちで踊ろう』を経て、「自分の言いたいことをちゃんと言おう」という境地に至ったという星野。「僕にとって詩というのは……」と切り出すと、文筆家としても活躍する星野の独特の「歌詞」観が語られた。 


曲作りに関しても、キーボードを使うことで生まれた変化について語る。とりわけ興味深いのは、制作環境。自宅のなかの"ある場所"で、意外なものを回しながら行われたという「歌録り」のエピソードは星野ならでは。いままでにないことに挑戦した『創造』や、ドラマ主題歌として「ラブソングをお願いします」というオファーに真正面から向きあったという『不思議』の誕生の裏側が、垣間見えるインタビューとなっている。


■AERA(アエラ)2021年6月28日増大号
特別定価:470円(本体427円+税10%)
発売日:2021年6月21日(月曜日)

関連リンク

  • 6/18 17:13
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます